« ガックリ軽井沢 其の壱 | トップページ | 火傷防止策 »

ガックリ軽井沢 其の弐

トホホだった軽井沢旅行記の続編です。。。

《日曜深夜》
12時半、ユウが号泣。おしゃぶりをくわえさせても泣き止まない。うっわーーーーー。こんなときに夜泣きかよ!!
とりあえずコウと旦那を起こさないようにユニットバスに移動して鏡を見せたりしたけど泣き止まない。仕方ないので大好物の干し芋を食べさせた。食べている間は口がいっぱいなので泣かないけれど、食べ終わるとやっぱり泣く。焦っていると旦那が起きて、ひとこと

うるさいッ!

・・・これで血の気が引くというか、一気に何かがストーーンと落ちたような気がした。
私が必死で子供をあやしているっつーのに、何考えてるんだお前は、ふざけるな、等々旦那に対して怒りではなく冷ややかな感情が湧いた。
その後も旦那はウザそうに「ああーーー、ああーーーー」と寝返りを始めたので、居たたまれなくなった私はユウを連れて部屋を出た。午前1時。
赤ちゃんプランの宿だけあって同じフロアにキッズコーナーがありいろんなおもちゃが置いてあるので、そこでしばらく時間をつぶすことにした。もちろんこんな夜中に誰もいるはずもない。しばらくすると警備員のおじちゃんが見回りにきた。おじちゃんは声をかけるでもなく、近くのソファーに座って遠巻きに私たちを見ていた。多分こんな夜中に女子供だけで何かあっては困ると思って「警備」していてくれたんだろう。
30分くらい遊んでいるとユウが目をこすり始めたので、寝るチャンス!と思い、部屋に戻った。
・・・が、寝るときの必須アイテムおしゃぶりをくわえさせようとすると拒否しやがる。おしゃぶり大好きなのにぃ。寝るのが嫌なのかなぁ。ああ、参った。
旦那は眠れなくなったと言い、500ml缶ビールを飲み始めた。
そしてひたすら待つこと1時間半、午前3時になってやっとユウが寝た。
私は旦那に対するムカムカが抑えられず、その後30分くらい一人悶々としていた。

《月曜朝》
ぐっすり眠ったコウが活動する音で目覚めた。午前7時半。ユウと旦那は爆睡中。私は寝不足になると気持ち悪くなるという体質なので、やっぱりだるいし気持ち悪い。
8時過ぎになって旦那がだるそうに起きた。「二日酔いになっちゃった」と言っていたが無視した。どうにも昨夜の出来事が引っかかって彼とまともに話す気が起きなかったから。
その後ユウを起こし、ホテル内のレストランで朝食バイキング。平静を装っているが私の態度はとげとげしかったと思う。

《月曜午前》
本来ならホテルをチェックアウトしてから敷地内の「おもちゃ王国」でユウコウを遊ばせるはずだった。だがしかし、私は寝不足と旦那への不信感で気分が悪い。旦那もそんな私の態度を察知して妙によそよそしいし、二日酔いで具合が悪そう。よって、私の中ではそんな王国なんて行く気は全くなくなっていた。
一応旦那が王国の駐車場に車を移動させたのだが、「具合悪いんでしょ、いいよ、帰ろうよ」と私は早めの帰宅を提案した。彼は「せっかく来たのに」と言ったが、私はとにかく帰りたかった。
すると彼が「怒らないでくれよ!ごめんよ!悪かったよ!もう勘弁してくれよ!」とヤケクソのような、懇願するような感じで謝って来た。彼はなぜ私が怒っているのか分かっているんだろうか??
私は「じゃあ一つだけ言わせてよ。何で昨日ユウが夜泣きしてるときにうるさいだの何だの言うワケ??アタシだって必死であやしてんだよ!?それなのにどうしてそういうこと言うの??」とぶちまけさせてもらった。
彼は「あれはユウに言ったんだ。お前に言ったわけじゃない」と言った。
正直、はぁ?って感じだったのだけれど、私は「ああ、そうなんだ」ととりあえず納得したように答えた。
すると彼は今にも泣き出しそうな顔で「どうしたらいいんだ・・・?もう俺何をやっても楽しくないし、すぐイライラするし、昨日もすごく苦しくなっちゃってさ・・・」と言い始めた。
そうだった・・・彼はうつの気があったんだ・・・そもそもこの旅行は彼が気分転換に旅行行きたいと言い出して計画したものだったのに、ホテルは彼の期待とは違うものだったし(別にグリーンプラザが悪いというわけではなくて、彼はもっとのんびりしたところが良かったらしい)、ユウの夜泣きで体調も悪い、更に嫁は怒っているしで、高い金払ってやってきたのに気分転換どころか逆に最悪な状況になってしまった。
でも今更どうしようもできなくて、とりあえず私たちは家に向かって車を走らせた。

《月曜午後》
1時過ぎに自宅へ着いた。道中ほとんど会話は無かった。家に着くなり旦那は2階に篭ってしまった。私はユウコウと1階にいたが、旦那が2階で自殺でもしやしないかドキドキしていたので、たまに理由をつけては2階に上がり彼の様子を見に行った。
しばらくすると旦那の実家から電話があり、今晩夕食食べにくる?と聞かれた。このまま家で4人でいるのは息苦しかったので有難くお誘いにのらせてもらった。

《月曜夕方》
4人で旦那の実家に行った。軽井沢旅行のことを話さないのは不自然だったので、とりあえず「とにかくどこに行っても混んでで疲れちゃいました」と、いかに連休の軽井沢が混んでいたかということだけ話した。
ご飯をいただき、お義父さんにユウコウのお風呂をお願いし、のんびりさせてもらった。
でも帰宅後はやはり旦那と会話をすることもなかった。

・・・以上が私の連休でした。
3日経った今も旦那は私を避けるように生活しています。
家計が苦しい中せっかく高い金を払って行った旅行が台無しになった彼の落胆は大きく、
私は「私がつまんないことで怒ってしまったから・・・彼を受け止めてやれなかったから・・・」と反省しきり。
彼は今、会社も家も居心地が悪いんだろうな。どーしてこうなっちゃったんだろう・・・。私も気落ちしてしまって、開運のためのトイレ掃除・玄関掃除をする気も起きない。今週末をどう過ごすのか考えると今から憂鬱なのでした。

|

« ガックリ軽井沢 其の壱 | トップページ | 火傷防止策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36813/3782191

この記事へのトラックバック一覧です: ガックリ軽井沢 其の弐:

« ガックリ軽井沢 其の壱 | トップページ | 火傷防止策 »