« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

口は災いの元・・・撃沈

今日もらった1通のメールに浜省に浮かれていた気分も吹っ飛んだ。

差出人は中学のときからの友人Mちゃん。

Mちゃんは今3人目の子供を身ごもっている。
1ヶ月ほど前にMちゃんから3人目妊娠という報告を受け、この少子化の時代に3人とは!と、もんのすごく驚いたのだった。
その後Mちゃんと共通の友人Kちゃんに会ったとき、話の流れで「そういえばMちゃん3人目だってさ~」と話をした覚えがある。

今日のメールに話を戻すと、Mちゃんからのメールの内容は、

「まだ安定期に入っていないんだから、妊娠のこと言わないで!」

というお怒りの言葉が連ねてあった。

ああああ、やってしまった。(> <)
配慮に欠けた発言、ってやつだ。
とりあえずMちゃんにはお詫びのメールを送ったけれど、すっかりMちゃんの信頼(もともとあったかどうかは分からないが)を失ってしまったのだ。
確かにおめでたい話題ではあるけれど、当の本人にしてみたら安定期に入るまでまだどうなるか分からないもの。。。自分も経験したことがあるくせにそんな気持ちを忘れてしまったのか。

とにもかくにも、Mちゃんのお腹にいる赤ちゃんがちゃんと元気で産まれてくること、Mちゃんがこんなバカな私を許してくれることを祈るばかりです。トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・浜田省吾

昨日に引き続き浜田省吾について書く。っていうか書きたい!

昨夜初めて生・浜省を観て超感動した私だが、今まで浜田省吾というアーティストをかなり誤解していたことに気づいた。
それまで勝手に抱いていたイメージは

40代半ばくらいで

ステージではギターを弾きながらあまりその場から動かず

寡黙な人

というものだった。


・・・大間違い(爆)

実際の浜省は53歳、ステージ狭しと動き回り、カッコ良く観客を煽り、MCではドッカンドッカン笑いを取り、本当に素敵な男性だった。まさに百聞は一見に如かず。

興奮冷めやらない私は今日、車の中で浜省を聴きたくてCDを探した。
ええーっと、昨夜のライブでも大盛り上がりだった「J・BOY」が入っているアルバムはどれだ??旦那様のCDラックをあさる。

昔、我々夫婦は節約のためCDを買わずにレンタルCDをパソコンでコピーする、ということをよくやっていた。当時コピったCDが山ほどある。

その山から探せど探せど目的のCDはなかなか見つからない。なぜなら、

200611281757000
私がコピったCD

こんな感じでアルバム名・曲名ともにCD表面に印刷するのだが、

 

   

              

200611281755000_1
旦那がコピったCD

どうよ、このシンプルさ。
これじゃお目当ての曲なんて見つからないっつーの。

ちなみにミスチルのCDには「ミスチル」とだけ書かれてあった(苦笑)

     

さて、浜省は今回松本には7年半ぶりに来たんだって。
次来るのもそれだけブランク空いちゃうのかしら?その頃には我が子たちは立派な(?)小学生になっているなぁ。そしたら家族4人で行くか?還暦の浜省に会いに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浜田省吾 in松本

いやいやいやいや、行ってきましたよぉ、浜省ライブ!
「誰か一緒に行く人いないわけぇ?」としぶしぶ旦那様に付き合って行っただけの私だったが、始まってしまえばもぉノリノリ!!
黒いスリムジーンズに紫のシャツを着てステージ上で軽やかにステップを踏みながら歌う浜省はとても53歳に見えない。声量と湧き出でるパワーにただただ圧倒されて鳥肌が立った。旦那様が運転する車でよく浜省のCDがかかっていたが、やはり生は格別だ。

中盤に差し掛かった頃、「年代層チェック」なるものが行われた。
浜省が尋ねる。
「10代!」
客席答える。
「はーい!」(ものすごく少ない)

「20代!」
「はーい!」「はーい!」(かなり少ない)

「30代!」
「おおおおおおおおーーーーーー!!!!!」(いきなり多い)

「40代!」
「うおおおおおおおおーーーーーー!!!!!」(めちゃ多い)

「50代!」
「おおーーーーーー!!!!!」(ソコソコ)

「60代以上!」
「はーい!」(10代並み)

みたいな。

私は今31歳、会場ではかなりヒヨッコ状態であった。

浜省は言う、
「君らがいくつだろうが、男だろうが女だろうが、仕事がうまくいっていようが、うまくいってなかろうが、仕事がなかろうが、恋人がいようが、いまいが、そんなのは関係ない。ただひとつ共通なのは、今日この時間、確かにここに存在しているということ。ここにいて素晴らしい時間を共有しているということ・・・」

そう、確かに今まさにこの瞬間、私はここにいる。
ここで生きている。

それは、地に足をつけて、ひたむきに一生懸命生きろ、というメッセージに聞こえた。
隣で聞いている旦那様の心にも届いただろうか。

・・・そして浜省の歌唱力とトークにすっかりハートを射抜かれた私は未だ興奮冷めやらず。ああ、とにかく良かったなぁ。また行きたいなぁ。
しかし、もう夜中の1時過ぎてるっつーの。
明日のためにそろそろ切り上げるとするか。。。
I am a mother だからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コウ、痔になる?

9月半ばくらいだろうか、ユウコウが順番に風邪を引いた。
彼らはともに風邪を引くと鼻が止まらなくなる。
今回も粘着力のある鼻が続いたので近くの小児科へ行き、鼻水止めの薬を処方してもらった。

ところがその薬は便を硬くする作用があったため、もともとうんちが硬めのコウはますますうんちが硬くなり、排便の度に顔を真っ赤にして泣きながらいきむようになってしまった。
薬を飲み終えればそれも改善されるかと思っていたのだが、飲み終えてもコウの苦しそうな排便は変わらず、たまにうんちに血も混じるようになってしまったので今度は便を柔らかくする薬を処方してもらった。

飲み始めると確かにうんちは柔らかくなったのだけれど、まだコウは苦しそうだ。もしかして、1歳にして痔になっちゃった???(> <)
心配なので休み明け病院へ行くことにする。軟膏だけで治りますように!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドクターが退職しちゃったぁ

ユウコウは早産で未熟児で生まれてきたため、定期的に日赤で未熟児検診を受けている。
身長体重を計り、
何か変わったことはないですかー
歩きますかー
何か言葉を話しますかー
じゃぁモシモシするよー
いい子だねーまた来月ねー
こんな感じ。

そして検診に行くときはユウ・コウ一人ずつ連れていくようにしている。検診が終わったらファミレスに行ったりしてゆっくりおやつタイムにする。
彼らにとっては母親を独占できるひとときだからね。

さて、今日はコウを検診に連れて行った。
久しぶりの日赤である。
そしたら、そしたら、ユウコウを担当していてくれていたドクターがいない!
9月末で退職されたとのこと。

ガガガガーーーーン!!!

私、そのドクター結構気になる存在だったのにぃ。
検診を楽しみにしていたのにぃ。
物腰の柔らかい、30代半ばくらいの優しげな先生だった。
今は山間の県立病院で勤務されているらしい。

そしてそのドクターの後任の先生に診てもらうこととなった。

・・・

特に感想なし。
しいて言うなら、はねトビでロバート秋山演ずる「ニート」みたいな感じの先生だった。
(いや、あそこまでひどくないか)
いずれにせよ、ガッカリなのだ。

ああああーーーー、I先生~。
最後までI先生に診ていただきたかった。
そしてありがとうございましたと言いたかった。

先生が素敵だったから、私はキョドってしまい変な母親だったかもしれないんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太りだす

今日気づいたのだが、確実にユウコウ二人とも太りだしている。(焦)
もともと未熟児でミルクっ子だったので、母乳オンリーの赤ちゃんと比べて太めだった。
でもハイハイができるようになったら運動量が増えたせいか、かなり引き締まってきたのだった。

ところが、

あんよが上手になった最近、再度太り始めてきたのだ。
しかも、二人とも夜もなかなか寝付かなくなってきた。
やはり全身運動のハイハイと違い、あんよだと運動量が減ってしまうからか?
本当は外で思いっきり動き回らせてあげたいのだけれど、私一人で彼ら二人をみるのは絶対無理!!!
「こっちおいでー」
「もう帰るよー」
全く聞く耳持たずトットコ走り回る二人。
必然的に室内での遊び中心になってしまうんだ。

あと、二人とも米が大好きでモリモリ食べる。
ふりかけがあれば永遠に食べそうな勢いで。これも太る要因だよなー。

とにかく、
明日はがんばってまた支援センター連れていって、保育士さんに手伝ってもらいながら外で遊ばせよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜナイナイ岡村?

明け方、夢を見た。

ナイナイの岡村氏(私の夢には初登場)と、いい仲になるという夢だった。
しかし、なぜ岡村氏なんだ??
お笑い芸人さんの中では割と好きな方だけど、特に異性として魅力を感じたことはないはずなのに。
しかも、夢では途中までシテしまった・・・(キャー!!)

岡村氏が私に好意を持っていることがとってもよく分かるのだが、とてもシャイなため、
しゃべりがしどろもどろになったり、あまり目を見てくれなかった。
でも久々に胸がキュンキュンした。
いいなぁ、この甘酸っぱい感じ。
眠りから醒めてもドキドキが続いていて、ついついネットで岡村氏のことを調べるアタシ。

勢いで夜、旦那を誘ってみようかと思ったけど、そんな雰囲気にならなかったので断念。
かれこれ1ヶ月くらいシテないんですけどぉーーー。

また今夜も夢に岡村氏が出てきたらホントに好きになっちゃいそうじゃあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の子育て支援センター

今日は2ヶ月ぶりに地域の子育て支援センターに行って来た。
そしたらユウコウより小さい赤ちゃんがたーくさん。0歳児のつどいとやらをやっていたらしい。みんなホントちっちゃい。ユウコウもこんなときがあったんだよなー。。。もう思い出せないや。

その中の一人のママさんがケーキを焼いてきてくれたので私とユウコウも便乗して賞味にあずかった。さつまいもを使った甘さ控えめケーキで超ウマッ!!!
一口食べたらコウなんて催促がすごいすごい!
私もあんなケーキ作りたいなぁ。

今日のママさんたちは皆感じのいい人たちだったので、和やかに楽しいひとときを過ごすことができて良かった~。たまに「何だオメーは??」ってママもいるからねー。人の振り見て我が振り直せ、ですな。

コウは相変わらず私がいないとダメダメくんで、ちょっと姿が見えないとべそをかく。ユウは私がいなくてもお構いなしで遊んでる。今月末パパの好きな浜田省吾のコンサートが松本市であって夫婦二人で行くんだけど託児大丈夫かなー?ユウは大丈夫だろうけどコウがちょっと心配だわ。でも我々も息抜きしたいので子供たちにはちょっとがんばってもらうのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨時収入がっ

1週間の実家滞在を終え、長野に帰ってきた。
いやーーー、予想どおり疲れた。
普通実家ってのんびりできるハズなんだろうけど、普段子供がいない家だけに危険がいっぱい。フェンス等もないので子供が自由にいろんな場所に行けちゃうから目が離せないしさ。しかもババは日中働いてて家にいないし、定年になって家にいるジジは頼りにならんし。もーーーとにかくいつも以上に動き回った私でした。
まぁでもジジババがユウコウと遊んでいる姿は微笑ましいものだった。なんていうか、幸せだなーーーってしみじみ感じた瞬間ですわ。

さて、実家に帰ったらあれやろーこれやろーと計画していた中に

掃除

の項目があった。
前出のとおり母は日中働いているので掃除はかなり手抜きだ。
なので、たまに帰省したときは「一宿一飯の恩義」よろしく私が掃除をしたりする。
今回も子供の昼寝の時間を利用して水回り中心に掃除に励んだ。

あと、なぜか実家に帰る直前くらいから「お墓」が頭に浮かぶようになった。
家事をやってるときや車に乗っているときなど、ホント急に意識の中にお墓が出てくるのだ。うーん、これはじぃちゃんが会いに来い!と言っているのかも?と勝手に解釈して、父方の墓、母方の墓、両方にお参りに行った。ついでにお墓も磨いてきた。お墓を磨いてお線香を立て、目を瞑って手を合わせたらなんだか白い煙のようなモヤモヤしたものが見えた。これはきっとじぃちゃんだと確信した。

そしたら、
お墓参りした夜に父から「子供のために」と3万円渡された。
次の日、母方の祖母から「子供に何か買ってあげて」と1万円渡された。
翌々日、父方の祖母から「お土産代」と2万円渡された。
さらに、伯父さんからは魚沼産コシヒカリ15kg (1万円相当)をいただいた。

以上、非常に有難い臨時収入を得たのである。
うーん、これは掃除パワーのお陰かな??
次回の帰省でも掃除しまくってやるぞ!と心に決めた私であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »