« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

楽しいこと探し

年末ジュネさんに潜在意識解読をしてもらったとき、

「もっと生活を楽しんだらいい」

と言われた。
そのときはピンと来なかったが、今年に入ってブログがご縁で出会ったある方(以下Nさん)のお宅にお邪魔したことをきっかけに、確かに今まで自分が日常生活を楽しんでいなかったことをまざまざと思い知らされた。
Nさん宅は本当に居心地の良い空間で、綺麗にお掃除されたお部屋にはグリーンやお花がたくさん飾られてあり、家具や雑貨もセンスの良いものが置かれてあった。そこはNさんの「お気に入り」であふれていたのだ。

かたやウチ。
この家の中に私のお気に入りって幾つあるのだろう?・・・
びっくりするほど無いのだ。
食器も「自分の趣味じゃないけどもらったから」「100円ショップでなんとなく買った」こだわりのないものばかり。インテリアも旦那がテキトーに飾った安っぽいものが並んでいる。これじゃ楽しくないわ・・・

全てを一気に変えるのは無理。小さなスペースから変えていこう。一念発起して食器を整理した。整理基準は「これを使って料理を出したときワクワクするか?」その基準を満たさないものはまだ使えるものであっても捨てた。そして、いつか使おうと取っておいた結婚式の引き出物のお皿を出した。これが正方形の焼き物でなかなかお洒落なのだ。もっと早く出して使えばよかったな。

欲しいものもたくさん出てきた。モダンな和食器が欲しい!!ホットサンドメーカーが欲しい!コーヒーメーカーも欲しい!ホームベーカリーも欲しい!久しぶりにワクワクしてネットでいろいろ物色してみた。でもやはり金額が気になる。
ハァ・・・これなんだ。私のワクワクをブロックするものは。生活雑貨やインテリアにお金をかけるのは贅沢だと思って今まで過ごしてきたんだ。だからいつも安物で済ませてきた。
でも、でも、キッチンツールって毎日使うもの。ちょっと奮発してもそれを使うたびにハッピーになれたら逆にお安いものじゃないか?って思うようになった。

2007年は台所を私の「好き」が詰まった空間にしたい。そんなところで作った料理なら食べた人にも幸せが訪れる気がするのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は本厄ですが・・・

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
1月も半ばになってようやくブログ再開なのです。年明けしばらく実家に帰っていたり、軽い胃腸炎になったりしてたもんで、とんと御無沙汰しておりました。今年も気楽に記事をアップしていきたいと思いますのでよろしくご愛読くださいませ。

さて、タイトルのとおり私は今年本厄の年回り、数えで33歳。ウウ、気がつけば随分大人になってるじゃないの。
厄年といえばとにかく悪いことが起きやすいから用心するように、と言われている。事故・病気・災害・人間関係や金銭トラブル等等・・・そういえば知り合いの人は「いろいろあって死にたくなった」と言ってたっけ。
でも去年前厄だったけどそんな悪いことは無かったなーとタカをくくっていた私であったが、ついに厄が降りかかってきたか先週金曜に愛車をぶつけてしまったのだ。(; ;)
夕方自宅の車庫に車をバックで入れようとしたときのこと、門柱の下部分に積もった雪が凍って硬~くなっていた。そこへお尻からガツン!!と。車を降りて確認してみたら、

バンパーベッコリ凹んでるじゃないかぁぁぁ!!!!(涙)

バンパー交換って10万円くらいかかるよな、車両保険入ってないのにぃぃぃ、旦那に怒られるぅぅ、暗い中無理してバックで入れるんじゃなかった・・・いろいろな思いが頭をぐるぐる駆け巡る。これが厄年ってヤツなのか。

しばらくして旦那が仕事から帰ってきた。
車のことをなかなか言い出せず、いつもどおりのどうでもいいような会話をした。
子供たちが寝付いてからおもむろに

○○さぁん(旦那の名前)、ゴメンナサイ、やっちゃいました<(_ _;)>

何ッ突然?!車ぶつけたの!?

・・・なぜすぐ分かるのだ、旦那よ。
いやぁその通りなんです、ごにょごにょ・・・と経緯を話すと、早速旦那は懐中電灯片手に外へ。怒られるなァと覚悟していたら

どーしてバックで入れようとしたワケ?まぁとにかくホント気をつけてよ
またぶつけるかもしれないから春まで修理には出さないからな

と軽く注意されただけだった。ああ、良かった。素直に謝ったのが良かったか・・・いやいや良くないッ!こんな不注意で旦那ががんばって稼いだ福沢諭吉が飛んで行ってしまうのだから。ああ、反省&自己嫌悪。

でも、よくよく考えると、お金で解決できる問題ならいいじゃないか、と思えてきたのだ。人身事故でなくて良かった、誰も怪我をしなくて良かった、これはきっとご先祖様たちに守られているからだ、本当にありがとうございます、これを肝に安全運転を心掛けます、と。そう納得して眠りについた私だった。

翌朝、家族で出かけるときに改めて明るい日差しの中で車を見てみた。

・・・アレ・・・どこをぶつけたんだ・・・????

凹みがないのだ。昨夜確かにベッコリ凹んでいたはずなのに。あれは夢だったのか???鳩が豆鉄砲くらったような顔の私に旦那が一言

直しておいたから

知らないうちに旦那がバンパーの後ろからゴンゴン叩いて直してくれたのだった。傷がついていなかったのが幸いし、本当に綺麗に元通りになっていた。♪へーこんだらカーコン、カーコンビニ倶楽部~♪の歌が私の回りを駆け巡った。旦那よ、あんたはスゴイ!!!!偉い!!!

こんな感じで私の厄年はスタートした。今回は「とにかく安全運転、気は抜かない、無理はしない」という気づきを得ることができた。今後いろいろな厄が降りかかるたびにいろいろな学びを得てゆくのだろう。でも、自分が損をする分にはいいが、人様への迷惑は食い止めなければ。そのためには地に足をつけて生活することがキモだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »