« アタシの脳 | トップページ | 体力勝負 »

ドキッ

以下は有名な宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」。
賢治がこういう人になりたい、と自分にいいきかせた素朴で力強い詩。

『雨ニモ負ケズ』 宮沢賢治

雨ニモ負ケズ
風ニモ負ケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテイカラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米4合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノ子供アレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニ疲レタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイイトイヒ
北ニケンカヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

で、次に、このパロディ。
「雨ニモ当テズ」。

これは宮沢賢治の故郷・岩手県盛岡市の小児科の先生が学会で発表したもので、
職業上たくさんの子ども達に接していてまさにぴったりだとか。
作者は、どこかの校長先生とのこと。(産経新聞より)


『雨ニモアテズ』

雨ニモアテズ 
風ニモアテズ
雪ニモ 夏ノ暑サニモアテズ
ブヨブヨノ体ニ タクサン着コミ
意欲モナク 体力モナク
イツモブツブツ 不満ヲイッテイル
毎日塾ニ追ワレ テレビニ吸イツイテ 遊バズ
朝カラ アクビヲシ  集会ガアレバ 貧血ヲオコシ
アラユルコトヲ 自分ノタメダケ考エテカエリミズ
作業ハグズグズ 注意散漫スグニアキ ソシテスグ忘レ
リッパナ家ノ 自分ノ部屋ニトジコモッテイテ
東ニ病人アレバ 医者ガ悪イトイイ
西ニ疲レタ母アレバ 養老院ニ行ケトイイ
南ニ死ニソウナ人アレバ 寿命ダトイイ
北ニケンカヤ訴訟(裁判)ガアレバ ナガメテカカワラズ
日照リノトキハ 冷房ヲツケ
ミンナニ 勉強勉強トイワレ
叱ラレモセズ コワイモノモシラズ
コンナ現代ッ子ニ ダレガシタ

ううっ、ドキッとさせられたわ、この詩。

ユウコウをこんな風に育ててしまったらどうしよう・・・(焦)。

とりあえず、雨には当ててます。なんつって。

2歳を迎えてどんどん知恵をつけているユウコウに対して、親としてどう接していくべきか、最近自分の育児のあり方を考える機会が多いんだよね。

常に心にこの詩を。

|

« アタシの脳 | トップページ | 体力勝負 »

コメント

なんとなく・・・、わかります。


私たちが育った環境とは違うし。
今は物が豊かだけど、その恩恵をすべて受けて生活したらホントに↑この詩のようになってしまうかもしれないし・・・。

ホントに難しいですよね、人間を育てていくってのは。。。。
でも、この詩を『ププッ!』と笑いながら読んでしまいました。

投稿: まめ | 2007年7月17日 (火) 00時07分

宮沢賢治の時代とはもう生活が全然変わってしまっているっていうのもあるんですけど、「心」の部分は大事にしたいなーとは思いますね。

「集会ガアレバ 貧血ヲオコシ」
これ、私のことだわ~(汗)。

投稿: タジー | 2007年7月18日 (水) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アタシの脳 | トップページ | 体力勝負 »