« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

今日も暑かった

いやー、今日も暑かった!


本当に9月末なのかね。


今年は半袖の服がまだ活躍してるわ。



・・・って



Dscf4748_2

おーいっ!

タンスから勝手にダウンジャケット引っ張り出すなっ!



着るぅ、着るぅ~

って催促うるさいっ!



でも着せてみる母であった。


| | コメント (2)

まま、どうしたの?

この3連休はロクに外出しなかった。


富士サファリや池屋どころじゃない。

近くのスーパーで買い物して終わり。

子供達には随分欲求不満な日々だったことだろう。

だって、連休前に旦那とひとモメして夫婦仲がイマイチだったし、

そこへ追い討ちをかけるように、旦那の実家でトラブル発生。

なんだかなー、って感じでしたわ。


なもんで、今日は子供達への罪滅ぼしといってはなんだが、朝も早よからユウコウを隣町の大きな公園に連れていって思いっきり解放してあげた。


とにかく走る走る。

砂、かけるかける。

動きまくるツインズ。


3日も窮屈な思いをさせてごめんなぁ、君たち。

ユウコウを眺めつつ、この連休のことを思い返していたり、自分の今後やらいろいろ考えていたら、ユウがトコトコ隣にやってきて


まま、どうしたの?
おしっこ?


と言って来た。


立ち止まってボーっとしている姿が尿意をもよおしているように見えたか?


あはは、おしっこじゃないよ。
いろいろ考えていたんだよ。


そう答えたが、ユウはイマイチ分かっていない様子だった。


一方、コウはしきりにお尻を押さえながら

こんだ、こんだ~(オムツがお尻にくい込んだ)

と情けない声を出して私に助けを求めていた。


最近2人とも更に語彙が増え、段々コミュニケーションが取りやすくなってきた。

にくたらしいときも多いのだが、やっぱり可愛い。


さて明日はどこへ行って遊ぼうか?

愛しいツインズたちよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やった側・やられた側の親は

子供を持つ親にとってなるべく避けたいこと、でもなかなか避けられないのが、子供同士の押した、叩いた、かみついた・・・。
2~3歳の子供なら程度の違いはあれど誰でもやったこと・やられたことがあると思う。

先日子育て支援センターでたっぷり遊び、帰ろうとしていた矢先のこと。
まずコウの靴を履かせて、次はユウ・・・っと。
ユウの足が大きくなったせいか履かせるのに少し手間取っていると、突然コウのギャーーーッという泣き声が。

私はその瞬間を見ていなかったのだが、近くで見ていた別のママが


○○くんが押したから、コウくんすごい勢いで顔面から倒れちゃったんだよ。


と、教えてくれた。

でもまぁ大丈夫でしょ、とコウを抱っこしながら怪我がないか確認する私。
眉間に打ったような擦り傷があるが見たところ血も出てない。

でもコウは

めめ、痛い!
めめ、痛い!

と、目を硬く閉じたまま泣いている。

目にゴミでも入ったか?
コウの目を指で開けようとしたが、泣き叫ばれて思うようにいかない。

コウがずっと

めめ、めめ、めめ~!

と泣いているので、さすがに心配になってきた。
だって、目だし・・・。

とにかくコウは号泣し続けているし、ほっとかれてるユウはヒマそうにウダウダしているし、どうにも収拾がつかないので急いで帰ることにした。

帰りの車内でもコウは目を押さえたまま泣き続けている。

えーっと、これから家に帰って、目を洗って、冷やしてみて、それでもずっと痛がっていたら眼科行って・・・

運転しながら今後の流れをシュミレートした。

家に帰っても相変わらずコウは目を閉じたまま泣いていて、目を洗おうとしても目を開けてくれない。
うーむ、困った。
でもこれだけ泣いているんだから、もし目にゴミが入っていたとしても既に流れ出ているだろう。
じゃあ冷やしてみよう。
コウを布団に寝かせ、アイスノンをタオルにくるんで目のあたりに置いてみた。
すると、泣きつかれたせいかそのまま寝入ってしまった。
しばらくしてから寝ているコウの目をそっと開けてみた。

素人目だけど、眼球に傷はないようだし、ゴミも入っていないようだ。
お昼寝から起きたらちゃんと目を開けてくれるか、痛がらないかを確認するだけかな。

その後2人とも2時間半くらいお昼寝したので、「おやつだよ~」と起こしてみた。

そしたらコウもあっさり目を開けて「おやちゅ、おやちゅ」と来るじゃないの。
さっきまでの泣きっぷりが嘘のよう。
はー、とりあえず良かった。
すっかり私は安心して、その後いつもどおり過ごしていた。


・・・がっ、


安心していない人が1人いたのだ。


夜になって、さあこれからツインズを風呂に入れようと思っていたとき、家の電話が鳴った。

コウを押した、○○くんのママだった。

たまに子育て支援センターで見かけて挨拶するくらいの仲なので、お互いの連絡先など知らない。
だが○○くんのママは、コウの目に何かあったら・・・とずっと気が気じゃなかったそうで、支援センターで私の連絡先を聞いたとのこと。もちろん個人情報なので支援センター側も教えることに躊躇したそうなのだが、私も○○くんのママもセンターの常連だし、あまりにも○○くんのママが心配していたので、教えたんだそうだ。
まぁ今回のケースなら個人情報うんぬんは全く問題ない。

○○くんのママはとにかく平謝りで、こちらが申し訳なくなるくらいだった。
でもその気持ち、痛いほど良く分かる。
たまにユウコウが投げたおもちゃがお友達に当たりそうになっただけで血の気が引くのに、もし誰かを怪我させちゃったら、それが目だったら、もうどうしたらいいか分からない。土下座やお金で解決できるものでもないし・・・。

とにかく大事にならなくて良かったが、今回の件では私自身も反省すべき点があった。
コウの目が大丈夫だったということが分かった時点で支援センターに電話を入れておくべきだった。○○くんのママが夜までずっとずっと不安な気持ちを抱えていたのかと思うと本当に申し訳なく、胸が痛んだ。

誠心誠意謝るのが「やっちゃった」側のマナーなら、大丈夫だったよと報告してあげるのが「やられちゃった」側の思いやりかなと思った。

・・・大事に至っちゃったときは、この限りじゃないけどね。

| | コメント (2)

池屋?

3連休も終わり、今日からまたいつもどおりの生活に戻った。


そういえば昨日急に旦那が、

いけや行くか?

と言った。


いけや?

池屋?

はて、そんな店あったか?


インテル入ってない私のCPUでは「いけや」を処理するのに2秒ほどかかってしまったが


あ!
IKEAか!

とひらめいた。

そもそも旦那の口からIKEAなんてシャレた言葉が出るとは夢にも思わなかったし。

何でも、旦那の会社の同僚がIKEA港北に行って、品揃えと価格の安さにえらく感動したらしいのだ。それで旦那も興味を持ったとのこと。


IKEA船橋に行って、ついでにディズニーランドでも行くか

更に旦那は想定外の提案をした。

船橋と浦安がどれくらい離れているのか長野県在住のアタシには見当もつかないが、何だか疲れそうなプランであることは間違いなさそうだ。

旦那は急にぶっ飛んだ提案をするくせに、私が「今日○○(遠くないところ)に行こう!」と言うと、「そんな急に言われても・・・」としり込みをする、全く勝手な男なのだ。

でもまぁIKEAは私も前々から行ってみたかったところ。
もしかしたら今週末の3連休、旦那のぶっ飛んだ提案に乗っかって富士サファリじゃなくIKEAに行っちゃうかもしれない我々であった。

| | コメント (2)

富士急ハイランド!

いよいよ3連休の始まり。
天気が良いのは初日だけで、あと2日はどうもグズグズ天気らしい。
出掛けるなら初日しかないのだ。

昨夜旦那様と連休の過ごし方について話をした。
前々から行ってみたかった♪ホントにホントにホントにホントにライオンだ~、の富士サファリパークはどうかしら?と思っていたアタシだが、最近残業続きの旦那様はどうやらあまり遠出したくない様子。
結局どこへ行くか決まらないまま、朝を迎えた。

近場で松本市の公園でも行くかなぁ・・・、などと考えながらとりあえずお昼用のおにぎりを8個にぎにぎしていたら旦那が起きてきた。

するとおもむろに旦那が、

富士急でも行くかぁ~

と。

・・・思いっきり遠出じゃないですか!

てっきり冗談かと思っていたら、マジでした。
急いで支度をして、出発したのは10時。
高速ぶっ飛ばして富士急ハイランドに着いたのは12時前。

本日は曇りのため、富士山全く見えず!!!

しかし、

そんなの関係ねぇ!

そんなの関係ねぇ!

セイ!

フ・ジ・キュー!!!

そう、天気なんてどうでもいいのさ。
駐車場に車を停めると、FUJIYAMAに乗っている人たちの絶叫が聞こえる。
このワクワク感がたまらない!!
32歳にして思わず駆け出しそうになるアタシ。

大人だけで来るなら絶叫マシンがお目当てになるところだけれど、今回はチビ2人がいるので、メインは

トーマスランド

なのだ。

兄・ユウはトーマス大好き!
さぞ喜んでくれるだろうと思って富士急ハイランド内のトーマスランドへ。

Dscf4734_5

ホラ、ホラ、ユウ!トーマス!トーマス!

テンション高く語りかける母。

しかしっ、ユウの反応薄っ!

非常に薄っ!

っつーか、ユウ、でかトーマスにびびって完全に引いてるし。
トーマスモニュメントの前で写真を撮ろうとしたら、真顔で逃げ出したし。
その後ランド内を回るも、笑顔を見せずキョドってばかりのユウ。

君はテレビサイズのトーマスがいいのかい。

一方、普段あまりトーマスに興味のないコウは

あ!パーシー!

トービーがいる!

と走り回って結構楽しそうだった。

お天気があまり良くなかったせいか、3連休にも関わらず意外とすいていたのが良かった。
チビたちがいると「1時間待ち」とかはありえない。
こんなの↓にも10分待ちくらいで乗れた。
Dscf4738

確か8年くらい前に富士急へ行ったときは、FUJIYAMA3時間待ちだったもん。
それでもがんばって並んで乗ったんだけど。

ちなみに今日のFUJIYAMAは1時間待ちでした。

なんだかんだで2時間くらい滞在して、トーマスランド内のショップでトーマスグッズを買い(このショップもいろんなトーマスグッズがあって見ているだけでとても楽しかった)、帰路についた我々。
帰りの車中、ユウコウ爆睡。
アタシも爆睡。
ドライバーの旦那様、本当にご苦労様です。

もうちょっとユウコウが大きくなったら是非また来たいもんだわ。

ちなみに本日の支出は

・高速代 片道3200円×2 = 6400円
・富士急ハイランド入園料 1200円×2 = 2400円(3歳以下無料)
・アトラクションチケット 200円×2 = 400円(3歳以下無料)
・お土産代 4000円
・ソフトクリーム 300円×2 = 600円

計 13,800円

でございました。


来週は富士サファリだ~。

| | コメント (2)

子供の不思議

昨日もママ友チリちゃんのお宅へお邪魔させてもらった。
相変わらず朝からよく片付けられているお部屋だ。
お宅訪問も3回目なのでユウコウは勝手を知っていて、玄関に上がるやいなや、2人ともおもちゃコーナーへまっしぐら。

でも今日は何だかチリちゃんの愛息、アキくんの様子がおかしい。
ちょっとしたことでグズグズ・・・。アキくん、ご機嫌悪いのかしら?訪問しちゃまずかったかなぁ・・・なんて思っていたら、面白い話を聞いた。

アキくんは数日前から急にグズり始めたそうだ。
何でもかんでも「ママじゃなきゃイヤ!」と言い、今までパパもやっていたお風呂やオムツ替え等を完全拒否。とにかくママ、ママ、ママ・・・。
チリちゃんと旦那様が会話しているだけでアキくんは怒るのだそうだ。
アキくんの変わりっぷりにチリちゃん夫妻も「???」だったと。
それと同じくして、チリちゃんは無性に梅干が食べたくなったのだとか。

あれ?アキの態度といい、梅干といい、もしかして・・・?

と、思ったチリちゃんが妊娠検査薬を使ったところ、見事「陽性」だったと。

へぇぇぇ~っ、ほぉぉ~っ、そんなことがあるんだねぇ~。
そういえば、別の知り合いのママさんも第二子ご懐妊のとき、2歳のお兄ちゃんがママのお腹を見て急に

「ママ、赤ちゃん、来た!」

って言ったそうだ。
で、そういえば生理来てないな~、って検査薬使ったらやはり陽性だったと。

胎内記憶といい、やっぱり子供って不思議な力あるんだな~。


アキくんもママのお腹に赤ちゃんがいること、分かっているんだ。

もうすぐママを独占できなくなること、分かっているんだ。

そんなことを思ったら、ちょっと切なくなった。

今のうちにたっぷり甘えておくのだぞ、アキくん。


ちなみに私は目下生理中につき、第3子懐妊はありませんねぇ~。
ま、ツインズ育児で毎日ヒーヒー言ってる今妊娠されても困るんだけどねっ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2歳2ヶ月、ユウコウの今

えー、何とかかんとかここまでツインズを育てることができました。

ひとえに皆様方のお陰です。

・・・何て唐突な出だし。

今日は2歳2ヶ月になったユウコウの現在の発達状況を書き記してみようと思う。



《ユウ》

・欲しいものがあると、私の手を引っ張ってその場所まで行く。

・人なつっこく、気に入った大人(友達のママや保育士さん)の膝の上に座って絵本をせがむ。

・ちょっと目を離した隙に勝手に知らない人の輪に入ってご飯をもらったりするときがある。

・「ABC」の歌を歌う。(♪LMNOP~のあたりは「♪あわわっぴ~」とかなりテキトー)

・自分の要求は通そうとするが、人のお願いは9割がた聞いてくれない。

・ミッキーを「ベッキー」と呼ぶ

・小島よしおが好き
片手片足を上げ、オッパッピ~を忠実に再現する。

・超偏食



《コウ》

・2語が言える。
「まま、どうしたの?」「でんしゃ、いっちゃった~」

・でかいうんちをした後に
「おっきいの、でた」と言う。

・大人の言うことはだいたい分かる。
お願いするとテレビを消したり、食べ終わった皿を片付けたりしてくれる。

・オムツ替えを極端に嫌がる

・おまるに座っておしっこ成功!
その後よほどおまるが気に入ったのか、ずっとフルのチンでおまるに腰掛けたままテレビ鑑賞。

・ミニカーを一列に並べるのが好き。

・とにかく足が速い。

・超偏食



・・・今思いつくのはこんなところかなぁ。

来週2歳児健診がある。

こんな発達状況でいいのかなぁ?

でもとりあえず健康だし、偏食だけど少しは野菜も食べるし、ま、いっかぁ。

深く考えるのはよそうと思う母であった。

| | コメント (2)

湖の見える丘公園にて

今日は午後から旦那様とユウコウを連れて諏訪湖が一望できる丘の上にある立石公園に行ってきた。

駐車場に車を停め、諏訪湖を見下ろす。

おお・・・

思わず感嘆。

湖面に太陽がキラキラと反射して本当に本当に綺麗だったのだ。

ここは木陰もたくさんあるし、子供向け遊具も充実しているので、子供を連れてくるにはとても都合がいい。
ユウコウも滑り台で遊んだり、坂道をキャッキャと走り下りたり、本当に楽しそうだった。

ふと見れば美しい景色、

元気いっぱいのツインズ、

ツインズと遊んでいる旦那、

・・・これ以上望むものなんて、何があるだろうか。

幸せな光景に胸がいっぱいになった。

最近自分が「今この瞬間」を楽しんでないな~って感じていた。

ツインズの育児は

「早くお昼寝の時間になれ」

「夜早く寝てくれ」

「早く保育園に入ってくれ」

そんなことばかり考えていて、彼らの可愛いさ、今しかできないこと、等に目が向いていないのだ。

こんな考え方してたら、いつまで経っても生活が楽しくないな。

私が今日ここに来たのは、そんな自分の考え方を改めるきっかけを得るためだったような気がする。

本当に来て良かったな~。

ちなみにたっぷり遊んだツインズはしっかり昼寝したにも関わらず、8時半就寝。
私はのんびりチューハイ片手にネット三昧。
今月の3連休×2回をどう楽しく過ごそうか検索検索なのだ。

だって、「今」を楽しまなきゃ!だしね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツインズ、ヘリコプターに乗る

タイトルの通り、ツインズがヘリコプターに乗った!

もちろん生まれて初めて!

昨日午前中、隣の市にあるデカい公園に行ってツインズを放牧したら、バババババ・・・という轟音とともに、公園のすぐ脇にヘリコプターが着陸した。
200709051040000





ね、ヘリコプター見にあっち行こうよ!

ツインズに見せたいというよりは、アタシが見たかったので2人を誘った。

少し歩いては道草し・・・少し歩いては後戻りし・・・の2人を連れてやっとこヘリの近くまでたどり着いたら、操縦士さんが「おいで~、乗っていいよ~」と誘ってくれた!!
いや~スミマセン、とか言いつつ遠慮なく側に行かせてもらう。
200709051027000





操縦士さんはツインズを抱っこして操縦席に乗せてくれた。
でもツインズは状況がよく分かっておらず固まってたけどね(笑)。
200709051026000






しかし、何てラッキーなのかしら!!!
ヘリに乗れるなんてことはそうそうないぞ。
がんばって2人を連れてきた甲斐があったもんだよ~。

携帯のカメラしかなかったのが唯一の後悔。
デジカメ持って行っとけば良かったな~。

でも月に1~2度この場所に離着陸するんだって。
次はいつなのか分からないけど、また遭遇できたらいいなぁ。

そのときのために、この公園に行くときは常にデジカメ持参を誓ったのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旦那が妙に優しかったのは・・・その2

旦那が妙に優しかったのは・・・その1からの続きです。

当日・翌日はどうしても行動を起こせなかった強情なアタシ。

たかが手紙なのに我ながらすごい抵抗である。

し・か・し、

このままでは何も変わらない!

ありがとうと言われて嫌な気がする人はいない!

と、自分を奮い立たせ、カウンセリングから2日後、何とか旦那に感謝の手紙を書いたのだ。
そして翌朝いつも出勤時に持たせるお弁当袋の中にしのばせた。
まさに清水の舞台からスカイダイブ!である。

手紙には

いつも家族のためにがんばってくれてありがとう

とか、

素直に感謝の気持ちを伝えられなくてごめんね

とか、

とにかく「ありがとう」と「ごめんね」をメインに書いた。

書いている最中からどんどん涙が出てきて、
どんだけ自分を抑圧してたんだ、アタシは・・・と思った。

夜、帰宅した旦那が開口一番何を言って来るか、ものすごく緊張していたが、おもむろに彼はリュックから弁当袋を出して

忙しくて弁当食べる時間がなかった

と言った。(爆)

ええええーーーーーーーッ?!
せっかく勇気を振り絞ったのにぃぃ!!

続けて旦那は、

弁当今食べる

と、私の目の前で袋を開けた。
そして私が書いた手紙を見つけ「何?これ?」と読み始めた。

想定外の気恥ずかしいシチュエーションに私は何も言えず、まともに旦那の顔も見ることができなかったのだが、読み終えた旦那が

こんなの書かなくても分かってるからいいよ

と。

更に

こちらこそありがとう

と言ってくれた。

夕食後、子供達と遊ぶ旦那がいつもより張り切って見えたのは決して気のせいではなかった。
私も手紙を書く前よりも自然に旦那に気遣いができるようになった。

そんなことがあった後の清里だから彼はがんばってくれたのだ。
そして私はそれを素直に感謝できた。

まぁとりあえず夫婦の危機、第一段階クリア!という感じだろうか。
勇気を出して行動して良かった!
今後はもっともっと分かりえるよう、いい喧嘩ができるようになりたいと思っている。

背中を押してくださったカウンセラーの先生には本当に感謝!感謝!
また困ったときにはお世話になろうっと。

| | コメント (2)

コウ倒れる

今日も夕方から旦那の実家にお邪魔した。

お義父さんからユウコウをお風呂に入れてもらい、夕食のすき焼きもたらふくご馳走になり、ノンビリダラリとさせてもらったアタシと旦那。

最近プラレールでトーマスを走らせることに熱中しているユウコウ。

夕食後もプラレールで遊んでいた。

そろそろ帰るか、と旦那が言った矢先、

いきなりコウがプラレールの上に

バタッ!!

と倒れ込み、動かなくなった。

コウ!コウ!!どうした??!!

皆で駆け寄ってコウを抱きかかえた。

するとコウはうぅ~ん・・・と目を開けたが、体の動きが鈍く、起きるのも精一杯という感じでグズり始めた。

何?これ???

こんなこと初めてだ。

救急外来行くか??

そう思ったそのとき、お義父さんが

コウ、眠いズラ

と一言。(ズラは長野弁です)

でもお昼寝2時間したしなぁ、眠くはないと思うんだけどなぁ・・・。

お義父さんがコウのおでこに手をやると、少し熱い。

熱を測ったら38度あった。

だからもう眠かったのかー・・・。

というわけで家に連れて帰り、氷枕を作って寝かせてやるとコウはすぐに眠りについた。

ユウは寝ないだろうな~と思っていたら、つられたのかユウも8時前就寝。

私ももう寝るズラ。

明朝にはコウの熱が下がりますよーに。

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »