« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

大好物

今月に入ってから食卓に私の大好きなものが並ぶようになった。


ひと粒ひと粒ピカピカ光って、弾力があり、

噛めば噛むほど旨みが出てきて、

おかずなくても食べられちゃう、


・・・愛してる、魚沼産コシヒカリ。


先日新米の魚沼産コシヒカリが実家から20キロほど送られてきたのだ。
(残念ながら実家で作っているワケじゃないが)
茶碗から一口ずつ口に運ぶたび、しげしげと眺めてしまうほど粒が綺麗で、ご飯を炊くのが本当に楽しみになる。

普段お世話になっているママ友・チリちゃんにお裾分けしたところ、なんとチリちゃん宅はそのコシヒカリを食べるために炊飯器を新しく購入したのだそうだ。

ユウコウもご飯のみをバクバク食べている。
す、すげー。

銀シャリを噛みしめながら思い出す。
今食べてるこのコシヒカリも相当旨いけど、やっぱり一番は高校時代からの親友・Cちゃん宅で御馳走になったコシヒカリだなーと。(Cちゃん、ブログ読んでっか?)
Cちゃんの実家は魚沼産コシヒカリを作っている農家だ。いや、豪農だ。
いつだったか泊まりに行った時にご飯を出してもらったが、あんなに旨いお米を食べたことは、後にも先にも無い。


日本人で良かった~


新潟県民で良かった~


幸せよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びすたっ

昨日、ついに買っちゃった。

ほぼ衝動買いに近い状態で。


WindowsVista搭載マッシーンをっ!!!


今まで使っていたへっぽこMeマシンの処理速度の遅さに少々イラついていたのと、旦那が論文作成のためにそのPCを多用するようになったことで、がぜん新しいのが欲しくなったのだ。

思い立ったが吉日、早速ヤマダ電機へGO!!

あまりにたくさんの品揃えにクラクラしながらも、真っ白なNECのLavieを購入。
セール中だったので14万円程で買えた。
それにしてもPC安くなったよなぁ~。
あと10年もすれば5万円くらいで買えちゃうんじゃなかろうか。

しかしVista、機能がありすぎてようワカラナイ。
これから勉強しなければ。


今まで使っていたMeはというと、引き続き家に鎮座している。

あれ、私が大学卒業後最初に勤めたソフトウェア会社を寿退社したときの退職金で買ったんだよね。
いつも納期に追われて残業ばかりの大変な3年間だったけど、「人」に恵まれていて、とても居心地が良い会社だった。
送別会では最後の挨拶のとき大号泣したっけ。

あのときいただいた退職金は、七転八倒しながらも仕事をがんばった証であり、自分が確かにあの会社に存在して素晴らしい人たちと出会えた証だと思っている。

そんな退職金が化けた思い入れのあるマシンだから、そう簡単に処分なんてできないんだ。

末永く、一緒にいようぞ。

| | コメント (0)

ママはトイレです

本日2度目のアップ。
またしてもトイレネタ。


昨日私がトイレに入っていると、外からドンドンと戸を叩くヤツがいる。


まま、まま~


弟・コウだ。


ちょっと待っててよ~
ママはトイレです~
トイレです~


答えるアタシ。


すると、


ぼく、コウです


答えるコウ。


コウの脳内の図式、

ぼく=コウ

まま=トイレ


コウよ、言っておくが、君のママの名前は「トイレ」じゃないのだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トイレトレーニングお休み中

最近旦那様が会社に提出する論文作成のため夜間PCを使っているので、なかなかブログを書くことができないアタシ。
子供がお昼寝している隙に家事をほっといてカキカキしているのだ。

さて、今回はトイレトレーニングのお話。

この夏におまるを購入して何とな~くトイレトレーニングを始めてみた。
2人ともおまるが大好き(?)で、おまる争奪戦で喧嘩になることも多々あるくらい。
コウはたまにおまるでおしっこをしてくれるので、そのときにはこれでもか!とばかりに褒めた。
たまにトイレに連れて行くこともあったが、2人とも密室のトイレを全く怖がらず、むしろ積極的に便座に座ってくれた。

がっ、

程なくして2人の遊びトイレ(?)に耐えられず、おまるを撤去し、トイレに連れて行くのも止めてしまったのだ。


だってさぁ、


おまるの中に「弁当のはし入れ」入ってたんだもん。

トイレの便器の中にはアタシのくしが浮いてたんだもん。


キィィィィーーーーーーーッ!!!!


だが、ママ友の話を聞くと、こういうのはよくあることなんだそうで、

あるママさんは

便器の中にハサミを入れられてトイレが詰まってしまった

と言ってたし、


別のママさんは

便座のふたを開けたら「梨」が1玉プカプカ浮いていた。

と言っていた。


ウチだけじゃないのねー。
ちょっとホッとした。

でもいたずらされるのはやっぱりヤだから、春になってもう少し分別がつくまでトイレトレーニングはお休みするのだ。

でも・・・春になったら分別つくのかな・・・?(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妊娠5ヶ月 性別はいかに?

いーかげんに書き進めろよ、双子の妊娠回顧録。

それまでの回顧録は左のカテゴリ「双子妊娠回顧録」をご覧くださいませ。

*********************************************************

妊娠5ヶ月になると、いよいよ体型がそれらしくなってきた。
やはり2人入っているだけあって他の妊婦さんと比べて腹がデカくなるのが早い。
通常は妊娠5ヶ月になると「安定期」なのだが、基本的に多胎妊娠に安定期はない。
無理は禁物なのだ。

この頃になると性別も分かるようになるとのこと。
男か女か、出産までのお楽しみに取っておくなんて私にはできないので、検診時に聞いてみた。

当時私は何の根拠もないのに赤ちゃんは2人とも女だと思い込んでいた。
何というか、自分の体から異性が生まれてくるということが想像できなかったのだ。
旦那も「男はいらない、ムサい。」と言い続けていたので、夫婦揃ってそれまで女の子の名前しか考えていなかった。

がっ、

エコーにはハッキリとちんちんが映っていた。

しかも2人とも。

お腹の子供達に悪いと思いつつも、正直、かなりショックだった。
旦那も明らかに落胆していた。

昔と違い、結婚しても実家に気軽に行き来できるこのご時世は女の子が人気だそうだ。
お腹の子が男の子だと判ると堕してしまう人もいるとか。

かの有名な諏訪マタニティークリニックでは、出産まで絶対に性別を教えないのだそうだ。検診時のエコーもモニターを妊婦さんには見せない徹底ぶりが有名。

せめて1人くらい女であって欲しかった・・・。
当時は切にそう思っていた。
今でも可愛い女の子用の服を見ると「やっぱいいなぁ~」とため息をついてしまうこともあるのだが、育ててみれば男の子もおバカで単純で可愛いから良しとしよう。

また、ちょうどこの頃地元友人の結婚式に招待されていたのだが、切迫流産での1ヶ月に渡る入院明けで自宅安静を言い渡されていたため、非常に申し訳ないがキャンセルさせてもらった。
久々のおめでたい席、出席したかったけれど仕方ない。

なんせ私のお腹には新しい2人の命が宿っているのだから。

| | コメント (0)

コウの魔法

先週、実家に滞在中のこと。

コウがどこからか掃除に使う「はたき」を持ってきて、ぶんぶん振り下ろしながら


おかねくゆくゆ~、おかねくゆ~
(お金来る来る~お金来る~)


と何度も呪文のように唱えていた。


台所で夕食の準備をしていた実家の母が

どこで覚えてきたんだ?(笑)

と笑いながら私に聞く。


えーとですね、そのセリフは、

自販機で飲み物を買ったとき、お釣りがジャラジャラ出てくるのを見て覚えたんですねー。

はたきを振り下ろしながら言うのは完全にコウのアレンジだけど。


その姿はさながら

コメットさん(古い)

クリーミーマミ(やっぱり古い)

が魔法を使っているかのよう。


しかも呪文が「お金来る」だしね。
どんどん言っちゃってください。

すると、実家に滞在していた1週間で私が持っている投資信託ファンドが大きく値上がりした。
思わずパソコンの前で声を出しちゃったくらい。

いいねいいね、その呪文。
どんどん言っちゃってください。


そう思っていたのに長野に戻ってきたらピタリと言わなくなった。
ファンドも横ばいになった。


あれはコウが使った本当の魔法だったのかしら。

| | コメント (0)

この1週間・・・

ブログを更新していなかったここしばらく何をしていたかと言うと、
新潟の実家に帰っていたのだ。

2ヶ月ぶりに会うユウコウを見て目尻が下がりっぱなしの両親や弟を見ると、帰ってきて良かったな~としみじみ思う。
でもその分また長野に戻るときは切なくて、遠くに嫁いでしまったことを本当に後悔する。
まぁ全て自分で選んだ道。誰に文句言えるわけもない。

実家に滞在していた1週間は毎日のようにユウコウを公園に連れて行った。
知らないうちにでっかい公園が2つもできていて、彼らの体力消費にはうってつけだった。

200710091403000

こーんな長いローラースライダーがあったり、


200710091347000

浅い水場があったり。


その数分後、


200710091438000

裸族登場。


10月半ばなんスけど・・・。


でも、ま、彼らが楽しそうだったし、風邪も引かなかったから良しとする。

ここは大人でも楽しめる公園だから今度また実家に帰ったときに行こうっと。

| | コメント (2)

富士サファリ

えーと、昨日行ってきました、富士サファリパーク!

片道2時間半かけて!

高速代往復8,000円かけて!

・・・でも、ちょっとガッカリだったのだ。


なぜかと言うと、

①動物を見てもユウコウの反応がイマイチだった

②魔の2歳児・ユウが機嫌を損ね、ギャン泣きしてイライラした
(サファリゾーンだったので車を止めるわけにもいかず参った)

③えさやりバスが5時間待ちだったので諦めた

④サファリパークの後に行った「富士山こどものくに」は標高が高く寒かった

⑤帰りの車中で夫婦喧嘩した

以上の理由によります。
トホホ。

なもんで、今回の旅の詳細は割愛。
でも木の上に登っているライオンや、車のすぐ横をのっしのっしと歩くキリンは見てて圧巻だったなー。
ツインズが3歳超えたらまた行きたいところです。

こないだのトーマスランドといい、今回の富士サファリといい、がんばって遠出した割にツインズの反応が薄くてガッカリ・・・が続いている。
奴らを楽しませるのに金と時間をかけた遠出は必要ないってことに気付いた。(遅いよ)
がんばって出掛けるなら来年以降だ!

そういえば、行きの車中でのこと。
兄・ユウが思いつくままにいろんな単語を口にしていた。


さーかーな(魚)

びっけーと(ビスケット)

等々。


で、その都度弟・コウが応えてくれるのだけど、


さーかーな、ないよ

びっけーと、さっき、たべたから、ないよ



・・・否定しまくり。


言葉が達者になってきた2人のやりとりが楽しみな母でした。

| | コメント (4)

49!?

「49」と聞いて何を連想する?


49ners?


ベビーブームの昭和49年?



こないだ「メレンゲの気持ち」を見て、ぶったまげた。


マチャミ、49歳なんだって!


えええええーーーーーーっ!!!!


若っけえーーーーーー。


うすら50になってもあんな可愛い服が着れるんだねぇ。


最近体力の衰えと、増えた白髪にため息ついちゃってた32歳のアタシだけど、


なんか、なんか、ちょっと勇気が出たぞ。


まだまだこれからなのだ。

| | コメント (2)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »