« アーバンウエディング その2 | トップページ | 妊娠8ヶ月 今度は切迫早産 »

ドタバタウエディング

地元友人・Cちゃんのアーバンウエディングから早2週間。

結婚式自体はとっても素晴らしかった!
・・・でもその裏で私はいろんなドタバタに見舞われていたのだ。
今回はそんなドタバタ劇を少々。


当日、朝5時に起きた私は、いつものように寝室のストーブに火をつけた。
そして台所に移動し、5分後また寝室に戻ったところ・・・



寝室が黒い煙に覆われている!!!

ひえええええーーーーーーっ!!!Σ(@ロ@lll)



なんてこった!ストーブの不完全燃焼だった!
慌ててストーブの火を消し、換気扇をつけ、窓という窓を開けて空気を入れ替えた。
11月下旬の長野、朝5時から窓を全開にしている家なんてウチくらいだろう。
寒い、寒い、だが煙を早く出さなきゃ。

ツインズはそんなことお構いなしに寝ている。
とりあえずツインズが無事で良かったが、寝起きで頭がボーっとしていたとはいえ、しでかしたことの恐ろしさに肝を冷やした。

20分ほど換気したところで旦那が2階から下りてきた。
煙も匂いもおさまっていたので旦那には気づかれずに済んだ。ホッ。


興奮冷めやらぬ(?)まま、6時頃家を出て、特急あずさに乗った。
指定席を取っていたので自分の座席を探す。

5のD、5のD・・・あった!

Dは窓際の席だ。
隣のCには礼服を着たおっさんが座っていた。
そして通路を挟んだA、Bにも礼服を着たおっさんが。
つまり3人お仲間なのだ。
白いネクタイを締めていたので、結婚式なのだろう。
だが朝6時過ぎにも関わらずおっさん3人の顔は紅潮し、既に出来上がっていた。
私の隣のCのおっさんはテーブルで柿をむいて食っていた。
なぜ柿?柿の種ならまだ分かる。

思わずため息が出た。
東京までの3時間、このおっさん達に囲まれて過ごすなんて・・・。
とりあえず「スミマセン、その席なんですけど・・・」とCのおっさんに声を掛けた。
「あ、ああ・・・」おっさんは柿を片付けようとしたが、皿がないので少しあたふたしたしていた。
それを見たら一気にゲンナリしてしまい、「やっぱりいいです」と私は別の空いている席に座った。
ほどなく車掌さんがやってきたので、別の席に移りたいと申し出たのだが、あいにく指定席はいっぱいで席を移ることはできないと。しかも私が今座っている席も次の駅からお客さんが乗ってきますよと。
くっそ~っ!

仕方なく自由席に移動した。
わざわざ指定を買ったのに自由席に座ることになるとは!!
でも長時間あのおっさんズに囲まれているよりは全然マシだ・・・と自分を納得させる。

2時間ほど電車に揺られただろうか、八王子駅に着いた。
急に車内が混み始め、空いていた私の隣の席に男性が座った。
横目でチラッと見ると、どうもアキバ系っぽい。
しばらくするとそのアキバ君は独り言を言い始めた。
何を言っているのかハッキリ分からないが、自問自答している風。
キモイ、キモすぎる・・・。

指定席の隣は柿おっさん。
自由席の隣はアキバくん。

電車運ないぜ、トホホ。


その後、東京に到着し、ヘアメイクを終えて時間どおり結婚式会場に入った。
さぁて!新郎新婦の晴れ姿を激写してやろうじゃないの!とデジカメの電源を入れたが、なんかおかしい。
日付がクリアされている。
あれ??
とりあえず日付を設定し直して、新郎入場でシャッターを切る。。
すると、デジカメのバッテリーが残り少ないことを示すランプが点いた。


おーーーーいっ!!!

昨日さんざん充電したじゃないかっ!!!!



新婦入場で1枚撮影した後、容赦なくバッテリーは切れてしまった。
2枚ぽっちかよ・・・。
仕方ないので携帯のカメラで撮ることにした。
全く、トホホだ。

披露宴自体は前回の記事で書いたとおり、とても楽しいひとときを過ごすことができたのだが、やはりデジカメがないのは痛かった・・・。


披露宴終了後は新宿へ急いだ。
帰りのあずさの時間まで少し余裕があったので、予め東京在住の友人Hさんとクリスピー・クリーム・ドーナツでお茶をする約束をしていたのだ。

Hさんは私が新潟のソフトウェア開発会社に勤務していたときの同期だ。
彼女は今、東京でソフトウェア開発とは違う仕事をがんばっている。

再会したHさんは開口一番、「帰りは電車で帰るの?大丈夫?」と聞いてきた。
何が大丈夫なんだろう?と思っていると、どうやら中央線が人身事故で不通になっているとのこと。
つまり、あずさが動かないのだ。



うええええーーーーーー????



駅員に尋ねても、復旧の目処は立っていないとのこと。

ぐがーーーーーーん・・・

どうしよう、どうしよう、高速バスのチケット取れるかなぁ?それとも遠回りだけど長野新幹線で帰るか・・・。

そんなことを考えながらも、とりあえずクリスピー・クリーム・ドーナツに向かう。
すると、店舗から長い、長い、長ーーーーーーい列が・・・。
これ絶対1時間以上待つよね・・・。
本当に残念だけど諦めることにした。


くるりと踵を返し、再び新宿駅に戻る。
やはりあずさの復旧の目処は立たず・・・
仕方ないので西口に回り、高速バスセンターへ。

幸いにも20分後に出発するバスのチケットを購入することができた。
でも20分じゃお茶もできないよ。
しかも携帯のバッテリーが切れそう~!
披露宴でデジカメの代わりにカメラ使っていたせいだ~!

携帯がないと旦那と連絡が取れなくなってしまうので、急いで「さくらや」で乾電池式の充電器を買う。

そしてやっとのことで帰路へ。

2年ぶりに会ったHさんには道案内をしてもらっただけで終わってしまったが、本当に助かった。Hさん、あなたがいなかったらアタシは間違いなく大東京で路頭に迷っていたことでしょう。本当に本当にありがとう。


そして明日私はまた早起きして山形に向かう。
今度は大学友人の結婚式なのだ。
もうドタバタは勘弁です。
何も起こらぬことを祈るのだ。

|

« アーバンウエディング その2 | トップページ | 妊娠8ヶ月 今度は切迫早産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーバンウエディング その2 | トップページ | 妊娠8ヶ月 今度は切迫早産 »