« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

3歳まであと半年

2歳6か月になったツインズの今を思いつくままに書いてみる。


■兄・ユウ

・パペット遊びが一番のお気に入り
(朝起きてすぐに私にパペットをはめさせるため非常に家事がやりにくい)

・鼻くそを取られるのが大嫌い

・偏食が進んで野菜不足のせいか、うんちをするとき苦しそう

・お絵かきではいつもヘンリー(きかんしゃトーマスの仲間)を描けとせがむ

・鶏の唐揚げが大好物

・ケーキを食べ始めて5分後、いきなり「あ!ケーキだ!」と言う
(気づくの遅くね?)


■弟・コウ

・ミニカー遊びが一番のお気に入り

・鼻くそ取られるの大好き

・トイレでうんちを流すこと大好き

・お絵かきでは「カレンダー」を描けとせがむ

・イクラが大好物

・お友達とおもちゃ争いで喧嘩して10分後、いきなり「ゴメンナサイ」と謝る
(周りの大人も喧嘩したことを忘れているのでコウが何に対して謝っているのか分からない)



・・・こんな感じかしら。


2人の言動にイライラすることも多くて、ガンガン怒っちゃうこともあるけれど、でもやっぱり可愛い。

たどたどしく日本語を話す身長90cmの小人たちがとっても可愛い。

先輩双子ママが言ってた。
3歳までは手がかかって大変だけど、逆に3歳までが一番可愛いんだって。



あと半年か・・・少し寂しく感じる母でした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年のクリスマスは・・・

今日はクリスマスイブ。

だからって特別何をするわけでもないけれど。


ツインズへのプレゼントはおととい買ってあげたし、

昨日は旦那の実家でケーキを食べたし、

よって、今日は何もすることがない。


しかも旦那様は会社への論文提出期限が差し迫っているので

朝から部屋に籠って何やら難しげなグラフを書いている。

やはり、何もすることがない。


思えば結婚してからというもの、旦那とまともにクリスマスイブを過ごしたことってあっただろうか?
彼はたいがい毎年12月は中国出張で不在なのだ。
私はたったひとりで寂しく家に居たり、同じく寂しく過ごしている友人と飲み明かしたり、実家に帰ったり、そんな風にしてイブを過ごしてきた。

今年は出張はなかったものの、論文のおかげでクリスマスムード全く無し!!
元気が有り余っているツインズを家の中に閉じ込めておくのも可哀そうなので、午後から私一人で隣の市の子育て支援センターへ連れて行った。

ここで2時間くらい遊ばせる。
同じく遊んでいる子たちとおもちゃを貸す・貸さないでトラブること数回。
しかもツインズ、結託して1人の子のおもちゃを奪おうとする。
そんなときだけ力を合わせなくていいのよ!!
仲裁も疲れるっつーの。
支援センター帰りにミスドに寄ろうと思ったが、私が思いのほか疲れてしまったのでまっすぐ帰宅。

玄関を開けてツインズが元気よく言う。


ぱぱ、おかえりーーー


いやいや、帰ってきたのはあんたたちなんだから、「ただいま」でしょ。
何度教えても間違える2人。


夕食は旦那が作ってくれた寄せ鍋を囲む。
ツインズが食べるのは、しらたき、えのき、うどんのみ。
君たちはいつになったら野菜をモリモリ食べてくれるのだい。

そして今日はお昼寝をしなかった2人、19時就寝。
旦那はまたしても論文作成のため部屋に籠る。

私は急に思い立って、車で15分程のところにある雑貨屋へ。
こんな機会でもなければゆっくり雑貨を見ることなんてできない。
一人で雑貨屋に行けることのありがたさよ。

せっかくだから今年1年がんばった自分に何かプレゼントを!
と思ったのだけれど、結局自分用には何も欲しいものがなくて買わなかった。
ま、そんなもんか。

・・・というわけで非常に地味に終わっていくクリスマスイブ。
だが私には来年の展望がある。
来年こそはLEDで自宅の庭にイルミネーションを飾るのだ!!
って、ちっちゃい目標なんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妊娠8ヶ月 24時間点滴生活

妊娠8ヶ月 今度は切迫早産 の続き。

****************************************************

早産の恐怖に襲われて病室のベッドの上で泣いていた私だったが、点滴をうちに看護師さんがやってきたので急いで涙をぬぐった。

投与されたのは切迫早産時の超有名薬、ウテメリン。
24時間点滴生活の始まりだ。
3日に一度点滴針を交換する際、先生が許可してくれれば短時間だがシャワーも使えるとのこと。

私に許された行動範囲は病棟内のみ。
トイレと病室の往復だけだ。
だが、他の病院はもっと厳しいらしく、とにかく歩行禁止でトイレもポータブルにするところも多いらしい。シャワーなんてもってのほか。

ウテメリン点滴を入れてしばらくすると、手が震え始めた。
入院のための書類を記入しなきゃいけないのに手が震えて字がうまく書けない。


そういうものですよ


美形の助産師、ヤベちゃんが言った。
彼女が私の担当だ。


点滴を入れて程なく、私は2人部屋に移された。
「おめでたい大部屋」から離れることができてとにかくほっとした。

部屋には先客がいた。
同じく切迫早産で入院中のエミちゃん。
見ず知らずの他人と2人きりで24時間過ごすことになるのだ。
最初のうちはお互い距離を取りつつ、遠慮もしつつ、たまに話をするくらいだったのだが、2日も経てばもう仲良しだ!
お互い身動きできないのでベッドに寝たままずっとおしゃべりしていた。

エミちゃんは私より1週間ほど早く入院していたため、病棟のことにやたら詳しく、治療内容や助産師さん情報をいろいろ教えてくれた。
そして病棟の助産師さんたちもとても親切で、気軽に雑談もできる雰囲気だった。
お陰で不安な気持ちも薄れて、むしろ入院生活がとても楽しいものになった。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

コウのおしゃべり

今月末で2歳6か月を迎えるユウコウ。

気がつけば身長もぐっと伸びていて、ズボン丈が短くなっているのを見ると感慨深いものがあったりする。

最近コウのおしゃべりが上手になってきて、相手をするのがなかなか面白い。



こないだコウがおもむろに


じぃじ、一番!


と言った。


うん、うん、じぃじはよく遊んでくれるからきっと一番大好きなんだろうなー。


ぱぱ、二番!


そうかそうか、パパと遊んでる時も楽しそうだもんなー。


で、ママは何番なの?


訊いてみた。


すると、


まま、七番!!


即答したコウ。


・・・な、7番目??


っつーか、主要人物7人もいないんですけど。

っつーか、もっと順位上げてくれね?


最近怒りすぎてるから嫌われちゃったかしらん、くすん。

ちょっと切なかった母でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北ウエディング・おまけ

先週、山形で友人の結婚式に出席した帰り道。

新宿発松本行き特急あずさを1本見送って、ある場所へ向かった。

クリスピー・クリーム・ドーナツだ。

その2週間前、店の横にずらりと長蛇の列を見て断念したのだが、どうしても諦めきれなかったのでリベンジすることにしたのだ。
だって、もう次に東京に来ることなんて何年後になるか分からないんだから。

新宿駅南口を出て、サザンテラスの一角を目指し、ずんずん歩いて行く。

お店に着くと、ちょうど時間がお昼どきだったせいか、前回に比べて全然列が短かった。
40分待ちらしい。
ラッキー♪40分だって♪(感覚がおかしくなっている)
と、最後尾に並ぶ。

200712021130000

しばらく待っていると、店員さんが何やら待っている人々に配り始めた。
何をくれるのだ??
とキョロキョロして見てみると、

な、なんと、全員に出来たてのドーナツを配っているじゃないの!!!

200712021143000

かけらじゃないよ、丸一個くれるの!

しかもすごくあったかい!!

すごいね、太っ腹!
これだけ食べて帰っちゃおうかとも思ったが、長野で待っている旦那様やツインズに買って帰らなくちゃ。

200712021157000

お店の外からドーナツが出来上がる工程が見えて面白かった。
ドーナツの試食ももらえるし、こんなのも見れるから、待ち時間があまり苦にならなかったな。

そして、念願のクリスピー・クリーム・ドーナツの感想はというと、
フワフワしていて、確かに今まで食べたことがない食感だった。
味はもう少し甘さ控えめだといーんだけどね。

ま、とりあえずリベンジ成功ってことで、意気揚揚と(?)あずさに乗って長野に帰った私でした。

| | コメント (0)

東北ウエディング

こないだの土・日、1泊2日で山形県天童市に行ってきた。
大学時代の友人の結婚式に招待されたのだ。
2週間前は東京のど真ん中でアーバンウエディング。
今度は山形県で東北ウエディング。
短期間で趣の異なる2つの式に出席できるなんてとても興味深いことだ。
そうそう、この2つの結婚式に招待してくれた友人2人の誕生日、偶然にも全く同じ。
昭和49年8月○日。
すごいご縁だわ。

さて、今回の東北ウエディングだが、会場はどでかい結婚式場。
宴会場がたくさんあり、1日に何組も結婚式が行われるとのこと。
そして宿泊は天童温泉にあるどでかい温泉旅館。
大学友人皆で同じ部屋に泊まることになっていて、さながら修学旅行気分だった。

今回めでたくご結婚された友人、Kちゃんは33歳。
旦那様はピチピチの24歳。
年の差9歳!!
我々が大学時代、旦那様は小学生だったという・・・。
びびったよ。

式は招待客が100名以上いてとっても盛大だった。
余興あり、親戚のおやっさんの歌あり、万歳三唱あり。
新郎の親戚のおやっさんが歌ったのは、

孫  by大泉逸郎

なぜ孫っ!?
同じテーブルの皆そう突っ込んだ。

スピーチを頼まれないお呼ばれというのは本当に気楽で、私は久々に会う大学の仲間たちと談笑しながらひたすら料理を食べていた。
だが、披露宴が終わりに近づいた頃から体調に異変が・・・。
ゾクゾク寒気がする。
当日ちょっと風邪っぽかったから、行きの山形新幹線の中で風邪薬を飲んだのだが、その効果が切れてきたようだった。

でも大丈夫かなぁ・・・と思いながら2次会へ向かう。
2次会からは大学友人の男性陣も加わり(皆よく山形まで出てきたなー)、結婚式の2次会というよりは同窓会状態。


久しぶりー!

今仕事何やってるの?

彼女はできた?

子供は何歳になった?


なんて言葉が飛び交う。
皆、ハイテンションだ。

そんな中、どんどん体調がおかしくなっていくアタシ。
トイレで一度リバースしてちょっと復活。
でもまたしばらくすると気持ちが悪くなってくる。
そして頭がボーっとし始め、まぶたが自然に閉じてくる。

子供から解放されてせっかく羽を伸ばすチャンスなのに、何をやっとるんだ!しっかりせんか!
と自分を叱咤激励するも、どーにもならず、トイレに駆け込み2度目のリバース。


ああ、もう駄目だ・・・


2次会開始後1時間でリタイヤしてホテルで寝込んでしまった。

数時間後、同室の友人たちが戻ってきた。
汗をかきながら寝ている私を心配して友人がフロントで風邪薬をもらってきてくれたので、それを飲んでまた眠りにつく。

その後も皆は隣の男性陣の部屋で飲んでいたようで、時折楽しそうな笑い声が聞こえた。
私は一人布団の中でウトウトしながらそれを聞いていたが、別に寂しくなかった。
変な話だが、むしろ嬉しかった。
皆が笑っているのがとても嬉しかった。

それぞれの場所でそれぞれの人生をがんばって歩んでいる皆が久々に集まって、お互いの再会を本当に喜んで、会わなかった数年を埋めるようにたくさん話をして、冗談言って、真剣に語って、笑って、考えて、またいつか集まろうぜと約束して・・・

そういえば一人の男の子が言ってたっけ。
「最近仕事で本当に凹むことがあってさー、大学時代の仲間に会いたかったんだよねー」


分かる、分かるよ、それ。


アタシも短い時間だけど皆に会えて良かった。
パワーをもらった。



・・・翌朝、何とか体調が戻った私は誰よりも早く宿を出発した。
体調を崩したのは予定外だったけど、楽しかったなーなんて思い返しながら。

帰りの山形新幹線の車中、もう数年連絡を取っていない大学の先輩にメールしてみた。


Kちゃんの結婚式に出てきましたよ
○○ちゃんはもうすぐ出産するんですって
△△くんは相変わらずでした
私は双子の育児に追われています
また集まりたいですね

しばらくして、返事がきた。
長~い近況報告が書かれてあった。
先輩もがんばってるみたい。
嬉しかった。

帰宅後、旦那は「せっかく山形まで行ってきたのに寝込むなんて・・・」と言ってたが、私は全然!そんな風に思っていない。
心のエネルギーは満タンにしてきたんだから。

エネルギーチャージできる場がある私は、とても幸せ者だ。

| | コメント (0)

2人だけで初のお泊り

昨日、今日と1泊2日で山形に行ってきた。
大学時代の友人の結婚式にお呼ばれされたのだ。
私が不在につき、ユウコウと旦那様は旦那様の実家にお泊りすることになっていた。

結婚式の詳細はまた後ほど書くことにするが、
当日なんと旦那様は風邪でダウン。
ほとんど家で寝ていたそうで、ユウコウだけが旦那様の実家に行っていたとのこと。

後で聞いたところ、日中ジジババ宅で遊びまくった2人、全く昼寝せず。
夜8時半、疲れたユウが先に眠りにつくが、コウはパパママがいないことで落ち着かなかったらしく、なかなか寝なかったそうだ。

そして夜9時、コウが

まま、ままーーーー

と叫びながら玄関の鍵を開け、裸足で外に飛び出して家に帰ろうとしたそうだ。
ババが必死でコウを追いかけ、やっとの思いで家に入れて、なんとか10時頃寝たとのこと。
そして先に寝たユウは夜中に夜泣きしたのだそうだ。

今日山形から帰ってきてユウコウを迎えにいったとき、明らかに旦那の家族は疲労困憊していた。
ホント大変だったと思う。

今日も昼寝しなかったユウコウ、添い寝してあげたら7時半に寝た。
こんな私でも母親として安心してくれてんだなーと思った。

ユウコウよ、明日はいっぱい遊ぼうなーー。

| | コメント (2)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »