« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

やっちまった

トイレトレーニングで一番やっちゃいけないこと、それは

 

「失敗したときに怒る」こと。

 

最近の平穏生活で随分と温和になったアタシだったが、やはり連続でおもらしされたり、出かける直前に

「出ちゃった」

と、パンツにズボンに靴下まで濡らされたらさすがにため息が出るし、ブツブツと文句も言ってしまう。


そんなことが2、3日ほど続き、本日、コウがパンツを拒否するようになった。
オムツはゴムが痛くて嫌だと言っていたコウが、オムツがいいと言ったのだ。
その瞬間、「やっちまった~」と後悔したアホな母。
コウはすっかり自信とやる気を失い、トイレトレーニングを放棄してしまったのだ。

バカバカバカ~、なんておバカなのぉ~、アタシったら・・・○| ̄|_


もう3歳だもん、子供なりにプライドだってある。
しかも排泄のことってとてもデリケート。
もっと大らかに見守ってあげないといけなかったのにね。


・・・後悔先に立たず、いつまでも過ぎたことをウジウジ考えていても仕方ない。
先を見ろ、先を。

というわけで、しばらくはコウの希望どおりオムツに戻すことにして、また折を見てパンツを履かせてみるかなぁ。
いいのだ、いいのだ、来春の保育園入園までに取れればいいじゃないか。
以前は「絶対3歳までには!!」と意気込んでいたアタシだったが、膀胱の発達には個人差もあるし、本人のスピードに任せておけばいいと考えを変えた。


そう、任せるってことよ。
権限委譲(任せる)って、最高の承認なんだって。
彼らに任せよう。
親の見栄や都合なんかじゃなくて、彼らが決めればいいんだ。
 

明日からまたゆるゆる育児の再スタートだーーー。

| | コメント (2)

妊娠7ヶ月

今日は妊婦健診。

午前11時半に予約を入れていたのに、実際診察してもらえたのは午後1時近く。
すっかり待ちくたびれた~。
でも仕方ないか、産科の先生はもっと大変なのだし。

前回の健診から3週間しか経っていないのに体重が2キロ増。
先生に「これはマズイです」と言われてしまった・・・トホホ。

エコーの時に性別を聞こうかと思っていたのが、なんだか聞きそびれてしまった。
でもお股に突起物が見えたような・・・????
もしかして、りえなは男なのかっ?
私が勝手に女だと思い込んでいただけ??
んー、素人目にはよく分からん。
名前を早く決めたいし、来月の健診で性別を聞いてみることにする。

病院を出たのは午後1時半。

お腹がすいた。
お昼どうしよう。
このまま家に帰って玄米ご飯に高菜でもかけて食べようか。
いやいや、せっかくの1人ご飯だし(ツインズは旦那の実家に預け中)、ここはひとつ、外食しちゃおうではないか!!

・・・体重増加注意を受けたばかりなのに・・・

と、いうわけで病院から程近いところにあるイタリアンのお店に入った。
ここはランチに前菜バイキングとドリンクバイキングが付いているので人気のお店なのだ。
1時半だというのに店内は混み込み。
おひとり様は私のみ!!
そりゃそーだろーなー、1人で来る雰囲気の店ではない。
でもここに来たかったんだもん、いーじゃん。

混んでいる店内、どの席に通されるのかちょっとドキドキしたが、お店の人が気を遣ってくれたのか、一番奥で隣のテーブルが空いている席に通された。

あー良かった。
落ち着いて食べられる。

というわけで早速前菜と飲み物を取りに行く。

200806241340000

パプリカマリネが美味なのだよ!(向かってお皿左上)
いんげんのマリネもGoodだった(向かってお皿右上)
飲み物はトマトジュースにりんごジュースをブレンドしたもの。

ああ幸せ♪とガッシガッシと食べていると、パスタが運ばれてきた。

200806241341000

ペペロンチーノどえす。
美味しかったなぁ。
でももうちょっと辛くても良かったかも。

パスタをたいらげてから、再度前菜を取りにいったアタシ。

・・・体重増加注意を受けたんだってば・・・(汗)

満腹でお店を出てからツインズを迎えに行くまでの車中、私のココロはちょっとゼータクしちゃった罪悪感と久々にイタリアンを食べられた満足感がせめぎ合っていたのだった。

チャンチャン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お墨付き

おととい、久々にジュネさんと「ジュネさんお話会in諏訪」の件で電話で話をした。

ジュネさん、京都→横浜の移動中。

お忙しいところありがとうございますm(_ _)m

 

ひととおり確認事項の回答をいただいた後、お話会の件とは別にどうしても聞きたいことがあったので、最後にひとつ質問させてもらった。

 

あのー、私、出産までに入院とかのトラブルは絶対避けたいんですが、どうしたらいいでしょう?お腹の赤ちゃんに話しかけるとかした方がいいんでしょうか?

 

だって、入院したらジュネさんに会えなくなるんだもん。
せっかくがんばって企画してるのにそんなの嫌だ。

 

ジュネさんは私の言葉が終わるか終らないかのうちに

 

大丈夫ですよーー

 

即答。

 

毎度のことながら返答の早さにビックリする。

とにかくゆったりとした気持ちで過ごしていればOK!

だって。

 

ああ良かった。

ツインズ妊娠中は切迫流産やら自宅安静やら切迫早産やらでほとんど動けなかった私。今回単胎妊娠とはいえ、お腹の張りに日々戦々恐々としているのだ。

ジュネさんに大丈夫!と言われたら大丈夫なのだろう。
なんせ、私の第三子妊娠(不妊治療なし)を予言してくれた人ですよ。

というわけで、かなり気が楽になった♪

 

お話会まであと2か月、出産まであと3か月、ゆったりとがんばろうではないかい。

| | コメント (0)

母の愛

来週末に3歳の誕生日を迎えるユウコウのために、実家の母からお祝いが届けられた。

「何を買ったらいいか分からないから」と現金書留で。

 

同封の手紙には、

「これから大変になるだろうけど、無理しすぎないように」

と書かれてあった。

有難くて涙が出そうになった。

 

お父さん、お母さん、いつもありがとう。

勝手に遠くに嫁いで何の親孝行もできないでいるアタシですが、お陰様で幸せに暮らしています。

ずっとずっと自分のことを想ってくれる両親という存在がいるって、本当に幸せなこと。

昔は両親に暴言を吐いたことも多々あったけど、それがいかに愚かで、どれだけ両親を傷つけていたか、今なら分かります。

 

2人は心の支えです、本当にありがとう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・平穏な心

引き続き、平穏生活を送っているアタシ。


子供を怒鳴ることも激減。

旦那とモメることもあまり無く、

新しい素敵なお友達もできて、

なんかイイ感じ。

 

そう、友達ね。

新旧いろんな友達がいるけれど、

私が好きなのは、自分の道をがんばって進んでいる友達。

ポジティブな言葉をかけてくれる友達。

 

こないだ「負」のパワーが強い友達と電話で話をしたときは、どっと疲れたなぁ。

以前その友達宛てのメールに「安定期に入ってから食欲がすごくてさ~」というようなことを書いたのだけど、それを受けて、


****************************************************:

友「相変わらず食べてるの?」

私「そうそう、もーお腹すいちゃってさー、食べちゃうんだよー」

友「えー、ちょっと、大丈夫なの?良くないんじゃないの?妊娠中にあまり太っちゃうと妊娠中毒症とか聞くじゃーん」

私「まぁ確かにそうなんだけどさ、別に甘いものをドカ喰いしてるわけじゃないし、ちゃんとバランスは考えているよ」

友「えー、でもさ、妊娠中毒症で入院とか早産の心配も出てくるんじゃないのぉ?」

私「いや、確かにたくさん食べてはいるけれど、そんなにバカ喰いはしてないよ」

友「えー、でも大丈夫ぅ?ホント気を付けてよねー」

****************************************************:


・・・このやりとり、ウザくね?(苦笑)

彼女、妊娠中毒症うんぬんと言っていたけど、出産はおろか、結婚もしておりません。
でも知識だけはあるらしい。

それになんていうか、私のことを本当に心配してくれているって気がしなかったのよね。
ただ不安をあおって終わり、みたいな。
私はこんなことを知っていますよ、ってことを言うだけ言って終わり、みたいな。

だから疲れたんだよね。

彼女とはとても長い付き合いなのだけど、看護師への夢はずえったい語る気にはなれない。
間違いなく、「えー、でもさー」と不安要素を並べたてられると思うから。


光があれば陰ができるのは当たり前のこと。
陰にばかり焦点を当ててたらなーんもできないぜ。


だから、陰もまるごと受け入れてがんばっている友達が、好き。


私もそんな人になりたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平穏な心

玄米を炊き、

 

砂糖はてんさい糖に変えて、

 

お昼ご飯は家族全員分の弁当を作り、

 

肉はあまり食べたくない、

 

車の運転はゆっくりと、ecoモードで、

 

ツインズの喧嘩には介入せず、

  

最近そんなゆるい日々。

 

 

非常に平穏。

 

心が凪いでる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子育ての大きな戦力

どんどん大きくなっていく腹を抱えつつツインズの相手や家事をこなす私のもとに非常に大きな「戦力」がやって来ましたッ!!



じゃぁーーーーーーん!!!


200806051434000


食洗機!!


そう!これ欲しかったの!!!


かつては私が仕事復帰するときに買おうかなぁ~なんて思っていたけれど、3人目ができた今、すぐにでも欲しかった!!


実際使ってみたらいや~、いいねぇ!!

なんつーか、心に余裕ができるね。

子供に優しくなれるね。


時間の節約もさることながら、食器類がすごく綺麗になるのも素敵。

同じく食洗機を持つママ友は

「旦那よりよっぽど頼りになる」

と言ってたわ。


すっかり食洗機に味をしめたアタシ、洗濯物をたたんでくれる機械もあったらいいのになぁ・・・と妄想するのでありました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のコト

えー、最近私が力を入れてやっていること、それは、


ジュネさんお話会in諏訪 のイベント企画。


勢いでジュネさんに「是非諏訪へ・・・」というメールを書いたら、思いがけず快諾してくださり、そこから企画が始まった。
同じく諏訪でジュネさん解読を受けたことのある友人と相談しつつ、話を進めているのだ。

でもこの田舎にスピリチュアルに興味を持つ人がどれだけいるのか、はたまた宗教と勘違いされたらどうしようか・・・という不安を抱えながらも、知り合いのママさんたちにこのお話会のPRをしてみたら、これまたビックリ、好感触!!!

「是非参加したーーーい」と、あっという間に6名も参加希望者が集まった。
ちなみに定員は20名。
更にママからママへの口コミは広がりをみせるようで、こりゃジュネさんがブログで告知してくれるころにはもしかして定員いっぱいになっちゃうんじゃねーの?という心配も。

会場はとりあえず仮予約を済ませたから、あとはお話の内容や、時間スケジュール、告知チラシ内容について再度ジュネさんと打ち合わせだー。

こんなとき大学時代に学園祭実行委員をやっていた経験が役立つのねん。


そして、そんな日々を送っている私のところへ、数か月ぶりに弟からメールがきた。


「以前内観のときに借りたお金を返すから、口座番号教えて」


短い内容だった。

(弟の内観についてはカテゴリ「開運への道」をご覧くださいませ)

昨年春、うつ病で引きこもっていた弟は意を決して「内観治療」に出た。
当時定職についていなかった弟にそんな費用はなく、私が援助したのだ。
その後一進一退を繰り返しながらも、ゆっくりと弟は良い状態になってゆき、3年間手放せなかった抗うつ剤、安眠剤をいっさい服用しなくなり、現在は新聞配達のアルバイトをしている。

「お金は返さなくてもいいよ」と言ったはずなのに、ちゃんと返すだなんて・・・。

彼の回復ぶりが本当に嬉しかった。

そして、そのきっかけとなったのが、やはりジュネさんなのである。

8月のお話会ではちゃんと面と向かってお礼を言える。
こんなに素敵なことはない。

このタイミングでジュネさんと会えるなんて、全てが繋がっている気がする。

そしてまた何かが動きだす気がする。



ああ、本当に楽しみだーーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »