« 余裕はつくるもの | トップページ | 産んじゃった »

ツインズ弟の誕生まで

兄・ユウの誕生で止まってしまっていた双子の出産回顧録。
このままでは回顧が終わる前に第3子が生まれてしまうじゃないのっ!
急がなきゃ!
焦りながら思いは3年前へ・・・

それまでの回顧録はカテゴリ「双子妊娠回顧録」「双子出産回顧録」をどうぞ。

**************************************************************

ザーーーーーーーー という途切れることのない雨音の中、ツインズ兄が生まれた。

通常、出産してへその緒を切ったら「おめでとうございます~」と助産師さんが赤ちゃんをママの胸元に持ってきてくれるのだろうが、私の出産は通常ではない。

兄はあっという間に分娩室の隣室に連れていかれ、小児科の先生の診察を受ける。

おめでとうを言われたかどうかも覚えていない。

しかし、1人生まれたら、急に体も気分も楽になった。
「よっしゃ、あと一人だ!」と俄然やる気が出た。

程なくして再度陣痛がやってきた。

ぬぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーっ!!

最後の力を振り絞る。

私が息むのと同じタイミングで、私のすぐ隣にいたメガネ先生が私のお腹をぐぐーーーっと押した。

すると、まさに「スッポン!」という感じでツインズ弟誕生。

そしてまたしてもあっという間に隣室へ連れて行かれる弟。

しかし、今度はなかなか産声が聞こえない。
助産師さんたちが何とかして泣かせようとしている気配がする。

大丈夫かな・・・?一抹の不安がよぎる。
しばらくしてからか細い産声が聞こえたので、皆安堵した。

その後小児科のドクターがツインズの容体についていろいろ説明してくれたのだが、なんだかもうあまりよく覚えていない。
とりあえず大丈夫とのこと。
でも未熟児だし、NICUのある長岡日赤に搬送される可能性が高いということ。
それだけは理解できた。

 
ハァ・・・

全てを終えた私は分娩台の上でしばし放心状態。
初産のくせに陣痛が起こってから1時間で2人産んでしまったという超スピード分娩。
ついさっきまでパンパンだったお腹が、もうそこにはない。
なにせあっと言う間の出来事だったので気持ちがついていかない。

なんだこりゃあ・・・

というのが素直な感想。

そして、

出産て、出産て、めちゃくちゃ大変じゃないかっ!!
みんなよくこんなことを2回も3回も繰り返す気になるなー。
アタシはもうこれっきりでいい、もうこんな思いしたくないっ!

そんなことを思っていると、私の胎盤を洗っていた助産師・金田さんが「タジーさぁん、胎盤見るぅ?」と明るく言ってきた。

正直、そんなグロいもの見ても見なくてもどっちでもいいという感じだったが、なんとなく「あ・・・はい」と答えてしまった。

銀色のバットに入れられて私の胎盤ちゃんが登場。

「こっちがお兄ちゃんので、こっちが弟くんの。」

金田さんは両手にそれぞれの胎盤をびろーーーんと持ち上げてくれた。

それは、かなり衝撃的な画ヅラだった。

あれをなんと表現したらいいか、タコの頭に中尾彬のねじねじスカーフが付いたようなもの、という表現が私の中で一番適切かもしれない。

弟の胎盤の方がデカかった、というか、長かった。
それもそのはず、出生時の体重、兄・1545グラム。弟・1955グラム。
弟の方が400グラムも大きかったのだ。

 
・・・出産後はそのまま分娩台の上で2時間ほど休むことになっている。
2時間って長いかと思いきや、あっという間に時間が過ぎた。
朝5時半、私は車いすに乗せられて病室に戻った。

その間、一度もツインズの姿を見ることはなかった。

|

« 余裕はつくるもの | トップページ | 産んじゃった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36813/22524927

この記事へのトラックバック一覧です: ツインズ弟の誕生まで:

« 余裕はつくるもの | トップページ | 産んじゃった »