ジュネさんとの再会

と、いうわけで昨日も書きましたジュネさんの解読、行ってきました~。

聞きたいこと全部聞けなかった~。

1時間話したかった~。

 

大まかな内容はこんな感じ。

≪質問1≫

准看護学校卒業後の進路について。進学か就職か。

進学ならどの学校にするか、就職ならどの科が向いているか。

≪回答≫

とりあえずは就職するのが良い。

科の向き不向きはあまりなく、あなたはどこでもやっていけるタイプ。

ただし精神科は止めた方がいい。

面接に行った際、感覚的にいいなと思ったところに勤めると良い。頭で考えないこと。

 

≪質問2≫

結婚もせず、働きもしない義妹、どうなるの?我が家が面倒みなきゃいけなくなる?

≪回答≫

この人は外で働く気が全く!ない。家族が促しても働かないだろう。

口では「結婚しない」と言っているが、本心はそうではない。意固地になっている。

いい人がいたら紹介してあげると良い。

将来タジーさん一家が経済的に援助する必要はない。

 

他には家の建て替えの話とかしたけれど、私の質問の仕方があやふやだったから、解読というよりは雑談になってしまいますた。

私は建て替えじゃなくて引っ越したいんだけどね、でも旦那様はこの土地に住み続けたいらしい。そして今住んでいるところの土地のエネルギーは悪くないよ、とも言われました。

 

卒業後の進路も絞れてきたし、

さて、さしあたりは義妹の婿探しに力を注ぐかーーー。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年ぶりの

明日、またしてもジュネさんが諏訪に来ることに。

お話し会と対面解読があります。

私は今回開催にノータッチでしたが、友人が全て企画してくれたので、それに乗っかって解読だけしていただきます。

解読2年ぶり~。

2年前の解読では看護学校に進むことについて相談したんだよな~。

今は就職のことやら正看進学のことやらを聞きたいな~。

あ、あと旦那様とのことや、いつまでも結婚しない義妹のこととか(爆)

楽しみでありんす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュネさんお話会 in 諏訪

私の第三子妊娠を的中し、

 

弟のうつからの脱却へのきっかけとなり、

 

効くメンタルワークを教えてくださった、

 

ジュネさんが再び長野県諏訪にやって来られます~。

今週末あたりにジュネさんのブログに告知が掲載されるので興味のあるかたレッツゴー!

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュネさん、再び

昨日久々にジュネさんとお話させていただいた。

お正月に申し込んだ潜在意識解読の日がやっと来たのだ。

 

今回メインで解読していただいたのは、旦那との仲。

ブログでも何度も書いたけど、気づけば旦那と話すことが怖くて、苦しくなっていた。
雑談程度なら話ができるけれど、それ以外の内容になるとからきしダメ。
自分がいったい何を話していいのか、どういう風に話せば彼の機嫌を損ねないのか、頭で考えすぎて、もうワケが分からなくなっていた。

とにかく、旦那に対する恐れを取り除く術を知りたかった。

ジュネさんより、今の私は旦那に対して固く固く心を閉ざしていると指摘され、思わず「その通りです!」と答えてしまった。
旦那のエネルギーが私を向くと、私のエネルギーは全く違う方向に向くとのこと。

とにかく波風が立たないように、立たないように、ただそれだけを思って、旦那への不満も口に出さず、自分の感情を表現しない日々。

それが積もり積もってパンクしそうな自分。

「波風が立つことは悪いことではないですよ。
波風が人を鍛えてくれる、そこから学びがある。」

ジュネさんはそんなことを言った。

そうだよな、人生何もなかったら、ただのボーーーーーっとした人間のままで終わり。
人生山あり谷ありで困難に立ち向かう中で人は磨かれていくんだ、知恵をつけていくんだ。

 
あと、旦那は霊媒体質・チャネラー体質だとも言われた。
その時々でチャネリングして誰かの意見に影響されているから、言うことが二転三転する。
でも本人は覚えがない。

 
確かにそう!

「おーい!昨日と言ってることが真逆じゃねーか!!」

ってことが多数。

問い詰めると、

「俺そんなこと言ったっけ?」

で、私はどの彼を信じていいやら混乱するんだよね。

 
あと、旦那は転生回数が少ないって。
つまり魂が若い。
だからいろいろ教えてもらわないと分からないらしい。

 
なーんだ、そっか。
そう言われたら、急に楽になった。

輪廻転生ということ自体、真実なのかどうなのか私には分からない。
でも旦那の言動とジュネさんの話が一致したので、非常~に納得した。

 

あとは、ネガティブな感情に振り回されないようにするワークを教えてもらった!
これ、長くなるので割愛するけれど、早速実践しております。

 

そしてジュネさんとのお話の中で気付かされたこと。

私は今、彼の嫌なところのみを強調し、それが全てであるかのように彼を見ている。
いいところだってあるのに、それについては完全無視。

私からのアクションに彼がどんなリアクションを取るかは彼の自由なのに、私は自分の理想のリアクションが返ってこないことに勝手に失望している。
逆ギレすることだって相手の自由。そこまで縛る権利はない。

私は旦那に完璧を望んでいる。
しかも、私にとって都合のいい完璧を。
  
なんて自分勝手なんだろう!! 

 
・・・等々。

 
5か月ぶりの解読。
ネガティブな感情の渦に巻き込まれないワークも教えてもらったし、旦那の意味不明な言動も納得したし、自分の考え方のクセも分かったし、とにかくスッキリした!

電話を切った後に自分の内側から自然に湧き出る自信、感謝、幸せ感・・・

これぞジュネさん潜在意識解読の真骨頂!

 
そうそう、おまけで子供3人の適性を聞いた。

これまた納得。

私が子供たちについて何となく感じていることズバリ言われ、自分の直感にも自信がもてた。

特に末っ子姫君については、私は普段から周りに「この子は将来どっか遠くに行っちゃう気がするなぁ~」って言っているけれど、

ジュネさんからも開口一番、「日本と外国を行き来するようになるかも。語学を学ばせてあげて」と言われ、あーやっぱりー・・・と。

姫君には近くに居て欲しいけど、私が実家から遠く離れたところに嫁にきた分際で、そんなこと言えないもんね。

今からちょっと寂しくなっちゃいましたが、でも将来は姫君と海外旅行という楽しみもできたし。

姫よ、母はイタリアに行きたいぞ。

 

いやしかし、本当に良かったーーーーーーーーーー。

ジュネさん、ありがとう。
がんばります、ホント。

合掌。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お墨付き

おととい、久々にジュネさんと「ジュネさんお話会in諏訪」の件で電話で話をした。

ジュネさん、京都→横浜の移動中。

お忙しいところありがとうございますm(_ _)m

 

ひととおり確認事項の回答をいただいた後、お話会の件とは別にどうしても聞きたいことがあったので、最後にひとつ質問させてもらった。

 

あのー、私、出産までに入院とかのトラブルは絶対避けたいんですが、どうしたらいいでしょう?お腹の赤ちゃんに話しかけるとかした方がいいんでしょうか?

 

だって、入院したらジュネさんに会えなくなるんだもん。
せっかくがんばって企画してるのにそんなの嫌だ。

 

ジュネさんは私の言葉が終わるか終らないかのうちに

 

大丈夫ですよーー

 

即答。

 

毎度のことながら返答の早さにビックリする。

とにかくゆったりとした気持ちで過ごしていればOK!

だって。

 

ああ良かった。

ツインズ妊娠中は切迫流産やら自宅安静やら切迫早産やらでほとんど動けなかった私。今回単胎妊娠とはいえ、お腹の張りに日々戦々恐々としているのだ。

ジュネさんに大丈夫!と言われたら大丈夫なのだろう。
なんせ、私の第三子妊娠(不妊治療なし)を予言してくれた人ですよ。

というわけで、かなり気が楽になった♪

 

お話会まであと2か月、出産まであと3か月、ゆったりとがんばろうではないかい。

| | コメント (0)

最近のコト

えー、最近私が力を入れてやっていること、それは、


ジュネさんお話会in諏訪 のイベント企画。


勢いでジュネさんに「是非諏訪へ・・・」というメールを書いたら、思いがけず快諾してくださり、そこから企画が始まった。
同じく諏訪でジュネさん解読を受けたことのある友人と相談しつつ、話を進めているのだ。

でもこの田舎にスピリチュアルに興味を持つ人がどれだけいるのか、はたまた宗教と勘違いされたらどうしようか・・・という不安を抱えながらも、知り合いのママさんたちにこのお話会のPRをしてみたら、これまたビックリ、好感触!!!

「是非参加したーーーい」と、あっという間に6名も参加希望者が集まった。
ちなみに定員は20名。
更にママからママへの口コミは広がりをみせるようで、こりゃジュネさんがブログで告知してくれるころにはもしかして定員いっぱいになっちゃうんじゃねーの?という心配も。

会場はとりあえず仮予約を済ませたから、あとはお話の内容や、時間スケジュール、告知チラシ内容について再度ジュネさんと打ち合わせだー。

こんなとき大学時代に学園祭実行委員をやっていた経験が役立つのねん。


そして、そんな日々を送っている私のところへ、数か月ぶりに弟からメールがきた。


「以前内観のときに借りたお金を返すから、口座番号教えて」


短い内容だった。

(弟の内観についてはカテゴリ「開運への道」をご覧くださいませ)

昨年春、うつ病で引きこもっていた弟は意を決して「内観治療」に出た。
当時定職についていなかった弟にそんな費用はなく、私が援助したのだ。
その後一進一退を繰り返しながらも、ゆっくりと弟は良い状態になってゆき、3年間手放せなかった抗うつ剤、安眠剤をいっさい服用しなくなり、現在は新聞配達のアルバイトをしている。

「お金は返さなくてもいいよ」と言ったはずなのに、ちゃんと返すだなんて・・・。

彼の回復ぶりが本当に嬉しかった。

そして、そのきっかけとなったのが、やはりジュネさんなのである。

8月のお話会ではちゃんと面と向かってお礼を言える。
こんなに素敵なことはない。

このタイミングでジュネさんと会えるなんて、全てが繋がっている気がする。

そしてまた何かが動きだす気がする。



ああ、本当に楽しみだーーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一歩前へ

10日ほど前の話だが、またしてもジュネさんに潜在意識鑑定をしていただいた。

ジュネさん、雑誌に紹介されてからというもの予約を取るのに一苦労。
今回も4カ月待ちでようやくお話できることに。


まず訊いてみたのは実弟について。

彼は昔から対人関係が苦手で、仕事も長続きせず、半引きこもりの日々を送っており、今現在はとりあえず早朝新聞配達のアルバイトをしている。

弟に影響を与えているのは父だとジュネさんは言った。
弟が成長しようとするとそれを止めようとするのだという。
そしてそんな父の性格に影響を与えていたのが、父の父、私の祖父なのだと。

話を聞きながら、全くその通り、と合点がいった。

祖父は私が物心ついたときから寝たきりだったし、小学生のときにはもう亡くなってしまったので、どんな人かはよく知らない。
だが、叔母の話では、生真面目で融通が利かないところが父にそっくりだったという。


弟さんはとても優しい方ですね、とジュネさんは続けた。


多分そうなのだろう。
だって、ユウコウ連れて実家に帰ったとき、二人は弟にとてもよくなついている。
子供は大人の性格、見抜くもんね。
弟は特別ダイナミックな遊びをするわけでもなく、絵本を読んでやるわけでもないのだが、なぜか慕われている。
特にユウはずっと弟の手をつないでいたり、弟の姿が見えないと家中を捜したりするし。

弟はとても感受性が強く、相手が考えていることを敏感に察知するのだそう。
そしてそれがネガティブなものだと、自分の中で勝手に増幅させて辛くなってしまうとのこと。

ジュネさんからは「癒し」のCDを勧められたり、あるセラピストの先生を紹介していただいた。
CDは即買い!
セラピストの先生については今ネットで調べ中。

弟が少しでも楽になれますように・・・。


あともう一つ、今後の私の進む道について聞いてみた。

以前から興味を持っている職業があるのだが、その道に進むべきかどうかずっとずっと迷っていて、前にも進めず、でも諦められず・・・で悶々としていたのだ。

ジュネさん曰く、その道に進むことが私の潜在意識にインプットされていますよ、と。

つまり、あとは私が行動を起こすだけなのだ。
そうすることによって、ドドドッと不思議な力が後押ししてくれて、進むべき道に進めると。


・・・じゃ、きっとそうなるんだ・・・


急にドキドキして、自分でも顔が上気するのが分かった。

周りに迷惑かけるだろうけど、考えていた道に進むんだ、私。

困難は百も承知。

でもチャレンジしなきゃ後悔する、絶対。

一歩前に踏み出すんだ。


・・・30分の解読はあっという間に過ぎた。

毎度そうなのだが、ジュネさんに解読していただくと身の回りに何かが起きる。
さて今回は何が起きるのかな~、なんて思っていた。


解読の2日後、ユウコウ連れて町の子育て支援センターに行った。
コウがお絵書きしたい~とせがむので、センターに置いてあるお絵書き道具箱を開けた。
中にはクレヨンとわら半紙が入っている。
コウが「あ!カレンダーだ!」と言った。
わら半紙にまぎれて、2007年のカレンダーが入っていた。
裏が真っ白なので、これもお絵かきに使っていいよってことだ。

コウはわら半紙ではなくカレンダーを選んだ。
そして、裏ではなく、表を広げ、

「まま、ここに、書いて」私の手を取って言う。

「裏に書かないの?表じゃいろいろ書いてあって・・・」そう言いかけて思わず息を飲んだ。

私の目に飛び込んできたのは、


5月12日 看護の日


という文字。

・・・やられたー。
運命が動く時、いろんな形でメッセージは下りてくる。
今までの自分の経験上、これはその手のメッセージだと確信した。

更に数日後、夕食時のこと。
夕食はいつも6時半~7時頃、民放局のニュースを見ながら、またはテレビを消して食べている。
その日はたまたま教育テレビがついていた。
この時間帯に教育テレビをつけているってことがまずありえない状況なのだが、その中で始まった番組は、
あしたをつかめ」。


今回紹介された職業は、「フライトナース」だった。


またしてもやられたー。
メッセージその2だ。


これは、もう、そうなんだろうね。

行動を起こせってことよね。


・・・というわけで、動き出してみます。


看護の道へ。


| | コメント (0)

弟へのご褒美

旅に出た弟の話にはまだ続きがある。

今週の日曜、ちょうど弟が富山の内観研修所に着いたであろうその時間に、実家に1本の電話がかかってきた。
日産の販売店からだった。

・・・実は弟は内観に行く直前、自分の車を売りに出していたのだ。
「とにかく掃除しなよ」と勧めた私に素直に従った弟は、不要な物をどんどん整理していくうちに自分が乗っている車も自分には不要だと判断し、手放す勇気が出たようなのだ。
弟が乗っているのは日産シルビア、いわゆる「スポーツカー」ってやつだ。
ただカッコイイという理由だけで購入し、ホイールやらカーステやらに金をつぎ込んだのだが、豪雪地帯であるうちの実家周辺では冬場乗ることはまず不可能。雪が降っている期間はずっと車庫に眠っているのだ。なんと不経済な車だ。
弟はそんな風に格好だけを気にする自分に嫌気がさし、すぐさま行動に移したらしい。

シルビアを売ったお金の範囲内で冬でも乗れる車を探そうと日産販売店に行ったそうだ。もう6年も乗っているので買取額は期待していなかったのだが、それでも予想以上の金額になり、ちょうどその販売店で使用していたマーチの試乗車を売ってもらえることになった。
これだけでもラッキーなことだ。運が向いてきたんだなーと思った。

・・・話を戻して、
日曜に日産の販売店からかかってきた電話の用件はというと、

申し訳ありません、お売りする予定だったマーチですが、こちらの手違いで他の方にお売りしてしまいました。

という信じられない内容だった。
契約したのに間違って他の人に売っただぁぁ???!!
オイオイ、そんな話って聞いたことないぞ!!

日産の担当者は続けて言った、

ですので、その代わりにその試乗車と同じものを、新車でお渡し致します。
(もちろんお値段据え置き)


し、しんしゃっ!!!!!!
試乗車が新車に化けた!!!
すっげーーーーミラクルだっ!!!!(☆O☆)
もう、本当に、こんなありえないことがあっていいんだろうかってな感じだ。
確実に運がきてるってば!!

でもまだこの話を弟本人は知らない。
日曜に帰ってきてこのことを知ったらどんな反応をするんだろう。想像するだけでワクワクする。

私は一連の弟の件で、「そうじ力」を確信した。
運を呼び込むには掃除が一番!!だと。
正直、今までは「ホントかいな」くらいに思っていたが、もー、間違いないって!!
たまたまこのブログを見てくださったそこのアナタ!だまされたと思って掃除を続けてみて下さいませ。きっとミラクルは起こりますよ☆

| | コメント (0)

弟のこと その3

その2からの続き。

長野に戻ってきて4日目、いつもと何ら変わりない1日が終わろうとしていた。
子供たちを寝かしつけた後ふと携帯を見ると、弟からメールがきていた。

相談したいことがあるんだけど、いい?

と書いてあった。
何だ何だ??弟がアタシに相談???
今まで絶対ありえなかった出来事にびびった。
速攻実家に電話をかけた。

何?なんかあったの?

すると、

もう・・・面倒でさぁ・・・嫌になっちゃってさぁ・・・

ドキドキしながら話を聞く鬼姉。

対人不安から職を転々としている自分が嫌でたまらない。
うつ症状で心療内科に通院してもう3年になるのに、一向に治らない。
自分を変えたくて接客業のバイトをしてみたが4日で逃げ出してしまった。
死んでしまいたい。

そんなことを言っていた。

私はひとおとり話を聞いて、

何でアタシに相談しようと思ったわけ?

と、尋ねた。

さぁ・・・オレも切羽詰まったってことかなぁ

と、弟は答えた。

私は、

死にたいってことだけどさ、もう少しあがいてからでも遅くないんじゃない?
いろいろやってみて、どーーーしてもどーーーーしてもダメだったら、そのときに死ねばいいじゃん。まだ何もやってないんだし。道はあるよ。カウンセリングなり心理療法なり調べてみるからさぁ、ちょっと時間ちょうだいよ。

みたいなことを話したと思う。
更に、

だまされたつもりで部屋掃除してごらん。部屋はその人の心を表すっていう言葉もあるくらいだし、とにかく不要な物を捨てて、掃除するんだよ。絶対スッキリするから。一度に全部やろうと思うと辛くなるから、少しずつ「今日はここだけやろう」とかって決めてさ。
あ、あと、「夢をかなえるそうじ力」って本を置いていったから、それも読んでよ。

と伝えて電話を切った。

電話を切ってから私はボーーーっとしていた。
弟が初めて本音を話してくれた。本当に生まれて初めてなのだ。
今まで家族に心を閉ざしてきたあの弟が。。。
何だ??このミラクルは???

とにかく「掃除」をきっかけに何か大きな力が動き始めたことを確信した私は、カウンセリングやら心理療法やらセラピーやらをネットで調べまくり、こんなんいいんじゃないか?というのを幾つかピックアップして弟にメールした。
その中から弟がやってみたいと選んだのは、私が「これはしんどいから選ばないだろう」と思っていたものだった。
それは、内観というものだった。
畳半畳のスペースに座り、父母や兄弟に対して、
・自分がしてもらったこと
・自分がして返したこと
・自分が迷惑かけたこと
の3つを幼少期から現在にかけてひたすら思い出すものだ。
これを7泊8日泊り込みで、1日15時間行うという。
テレビも見られない、携帯も使えない、他の参加者と会話してもいけない、狭い空間の中でとにかく全てのベクトルを自分に向けるのだ。そして1週間過ぎる頃には何か「気づき」があるのだそうだ。
ちょっと宗教チックな感じもしたのだが、これはそういった類のものではなく、社内研修やプロスポーツ選手も練習に取り入れたりしているものだということ。まぁでも弟が元気になれるのであれば宗教でも構わないと思っている。カルト教は勘弁だけど。

そんなわけで今週の日曜から弟は富山にある内観研修所に行っている。
今日まで何の連絡もないということは、逃げ出さずに自分と向き合っている証拠だ。がんばってるんだな~。
弟が無事1週間を終え、何か「気づき」を得られますように、と祈りつつ掃除に励む最近の私なのだ。

| | コメント (0)

弟のこと その2

その1からの続き。

実家に戻ったものの、やはり弟とはろくに会話もなかった。
たまに「ちょっと子供たち見ててくれる?」と声をかけたりもしたが、それ以上は話さなかった。昔のことを謝らなきゃなぁ・・・と思うのだが、どうしても切り出せなかった。

さて、実家に滞在中、私は時間さえあれば掃除をしていた。
特に今回はモノを捨てまくった。着なくなった服、使わないバッグ、どこかの観光地の土産、高校の制服、昔好きだったアイドルのレコード、等々、実家の私の部屋の押入れの中にはそんなものがゴロゴロしていた。
それらを容赦なく処分していったら、ゴミ袋10袋くらいになった。

その他、もちろんトイレ掃除もしたし、風呂掃除もした、たまっていた古新聞・古雑誌もまとめて捨てまくった。

私が黙々と掃除をしている姿を、弟は見ていた。

そして、長野に帰る日が近づいてきた頃、私はたまたま近くのコンビニである本を見つけた。

夢をかなえる「そうじ力」

このテの本は買わないことにしている。
だって、掃除が開運に繋がるということはどの開運本や風水本にも書いてあり、松居一代師匠もずっと言い続けていること。今更買っても・・・って感じがするから。

だが、何となくこの本には興味をそそられ、迷わず購入した。

家で読んでみると、なるほどその通り、と思われることが書いてあった。
読むと掃除がしたくなってウズウズする本だった。

・・・そして長野に帰る日になった。
コンビニで買ったそうじ本は実家に置いていくことにした。
後で母に読んでもらいたかったからだ。

帰路の途中まで弟に送ってもらった。車で1時間半ほどの距離だ。
話を切り出すには絶好のチャンスだった。
だが、素直じゃない私の性格が災いして、どーーーーーしても言えないのだ。

休憩しないでいい?大丈夫?

うん

この程度の会話しかしないまま、私たちは別れた。
意気地の無い姉で申し訳ない。

今回の帰省の成果って、たくさん物を処分したことだったなぁ・・・弟のことは何も進展なしかぁ・・・と思いつつ、長野に帰ってきた。

しかし、このとき私は気づいていなかったが、確実にコトは動いていたのだった。

・・・その3へ続く。

| | コメント (0)